« ドラえもんとしんちゃん | トップページ | 田口ランディ公式ブログ »

2006.08.25

夏の終わり

最後のカブトムシが死んでいました。6/30から一週間ほどで羽化した三匹。 次男がエサをやったり忘れたりする割には、無事に夏の終わりまで過ごしていました。

実は、放っておこうと思いつつ、こっそり母が霧吹きしたりエサを足したりしたんです。 「「生き物は世話をしなければ死んでしまう」」 あたり前のことを 実地で教えたいと思いながら、みすみす死んでいくのをみていられない・・・・・・。 親として軟弱なのではないかと毎年思います。長男のペットの金魚の方は、夫が気を配っている様子。似たもの夫婦?


それでも、ときには話しかけたりして遊んだカブトムシ、埋葬は本人にさせます。一匹目のとき、遊び場のなかでも特に人通りの多い場所に浅く埋めたと、長男 が言いつけに来た。「そうなの?」と聞いても、次男は黙って言い訳はしない代わりに、絶対に埋め直しにいかなかった。自分の好きな場所に埋めたのかな?  「死んで土にかえるものだけど、人に踏まれるところは、どうかな」 と話してみた。

二匹目のときは、、、隣の田んぼに来ていたシラサギのエサに投げてやりたいと、つぶやいていた。 うーん、食物連鎖の理論的にはいいかもしれないけど、まったく賛成できない。聞こえないふりをしているうちに、二匹目はカゴから消えていた。

明日、最後のカブトムシはどうするのかな? 知りたいような、知りたくないような。 でも、どんな形になれ、それぞれのムシとの別れの記憶は 子供の心に残ると思いたい。

|

« ドラえもんとしんちゃん | トップページ | 田口ランディ公式ブログ »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/11604851

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« ドラえもんとしんちゃん | トップページ | 田口ランディ公式ブログ »