« 子供と週末映画 | トップページ | 書けるうちにお知らせ »

2006.07.08

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション
ジョン・パウエル ダグ・リーマン マット・デイモン
B0006JJW4K
二晩連続で映画の夜になりました。今日は、テレビのロードショーのアクション物。子供も一緒なので、ラブシーンや過激シーンになったら電源OFFと思いつつ、最後まで鑑賞。流血シーンもあるけれど、基本はやさしく、特に子供を守る姿勢なので見やすかった。

放映開始から30分ほどたってから見たので、置石作戦とか、養成のこととかの伏線がわからなかったのが残念。はじめはスパイ物だと思って見ていたけれど、組織に絶対服従を強いられる暗殺者の話だったみたい。

なににしろ子供達には、スパイも暗殺者も?状態。「この人の仕事はルパン三世だったら、フジ子みたいなものなのか?」と聞かれて、「違う!」と即答したものの、妥当なたとえが見つからなかった。スパイの出てくるアニメや物語ってあったかしら?

原作は、ロバート・ラドラムの「暗殺者」らしい。ラドラムって懐かしい! 思い出せないくらい前に何作も読んだはず。久しぶりに読んでみようかな。暗殺者の続編もあるよう。


それにしても、ずっと睡眠重視で早寝をさせていたけれど、週末は親が寝坊したいために夜更かし黙認するようになってしまった。 

|

« 子供と週末映画 | トップページ | 書けるうちにお知らせ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/10850004

この記事へのトラックバック一覧です: ボーン・アイデンティティー :

« 子供と週末映画 | トップページ | 書けるうちにお知らせ »