« なにやらトラブル続きなココログ | トップページ | 眠い・・・ »

2006.03.12

つい忘れる読書記録

読書記録を書くのがおっくうになって、しばらく間があいてしまった。でも、書いておかないと、どんどん忘れるので、題名と数行のコメントだけでも書いておこう。 ■変身:東野圭吾、なんだか、読みはじめから結末が、うっすらと想像ついたけれど、読ませられるように読みすすんだ。展開が予想できても読み続けたくなる文章力って、いいなぁ。 その後、興味本位で脳関係の本も借りたけど、脳って複雑・・・難しすぎた。 ■容疑者Xの献身:同上、やっと順番が回ってきた。直木賞受賞が決定してから読めて、却ってよかったかも。Xみたいな人、好きだな。でも、やっぱり罪はつぐなわないといけないのね、当たり前だけど。ため息の出るラスト。天才なのに高校教師というのが、強調されている気がするけど、それが彼の問題ではない気がする。 ■お手伝いで子どもの心を鍛えなさい―愛情としつけの知恵21 :町沢 静夫、普通の教育本かと思ったら、全然違っていた。精神科医師のかく、生活力の無さが 引きこもりや精神障害につながるという警告だった。むむむ。 ■照柿:高村薫、やっと合田刑事 三部作を読み終えた。二作目が最後になったけど、これが一番重い作品なので、それで良かった気がする。なんとなく苦手だった高村薫、読み始めた動機は、知人に「合田刑事がホモとして書かれているのかどうか感想が聞きたい」といわれたこと。でも、読了したら、そんなのどっちでもいいかな?という感じ。ストーリーとして楽しめれば、OKというのが私の観点なのね。 ■板谷バカ三代 :ゲッツ板谷、笑えるようで、笑えないような、家族の記録。 うーん、軽く読みすすめた本は、だいたい忘れてしまった。どんどん忘れるのに、どんどん読みたいのはなぜかな? <最近のヒット作品> 新刊コーナーでパラパラっとめくって、挿絵が可愛いので借りた本。 1回目に読んだときは、?何これ??っていうような小作品だと思ったんだけど、つい二回目、三回目と読み返し、、、かなり気に入りました。自分は、可愛い女ではないかなぁと思うけれど、ちょっといいな。 可愛い女
アントン・P. チェーホフ 児島 宏子
4896421469

|

« なにやらトラブル続きなココログ | トップページ | 眠い・・・ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/9058360

この記事へのトラックバック一覧です: つい忘れる読書記録:

« なにやらトラブル続きなココログ | トップページ | 眠い・・・ »