« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.31

3月後半の健康管理ノート

家族全員、特に異常なし。

かんたの春休みの検査OKでした。混んでました・・・
かんたと、げんたの乳歯がポツポツ抜けたけど、もう何本目か忘れてしまったぁ。

・病気にならない生き方 新谷弘実 著  を衝動買い。
 マーガリンとかヨーグルトのことが話題になってますよね。立ち読みでかなり読んでいたのですが、ネットで書評を見かけて、自宅に欲しくなりました。 とりあえず、マーガリンは捨てます。有機野菜がいいとかは、そうだろうなぁと思っていたのですが、腹八分や30回かむ、禁酒はなかなか難しそうです。少しずつ生活に取り入れてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

春休みにしよう

ココログの長いメンテナンスが終わって、さあ何か書こう!と思ってたけど、管理画面が重すぎ・・・混んでるのね。しばらくは、ブログ更新をお休みしようかな。携帯からの入力は、なかなか。

| | コメント (0)

2006.03.26

ばたばた パン作り

げんたと約束したパン作り、さっそく挑戦。叩きつけたりする作業が男の子にぴったりで、楽しかった。焼きたてをおいしく食べて、最後の焼き上げ分になってあわてて記念撮影。日曜勤務だった夫のために一つはキープしたかったけど、完食。nec_0004.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.25

げんた観察日記 小2 3月

●小学校から、今年作った絵や図工作品をたくさん持ち帰りました。帰ってからの作品の説明が長~い! まあ楽しく作れるようになって、良かった。がんばって解説を聞いてます。ちまちました作業が大好きな子だったのに、小学校に入ってから図工が嫌いになってしまって困ってたんです。テーマに沿って作ること、決まった時間で仕上げること、などなど、なにもかもが嫌なようでした。図工の参観日には、材料を前に涙を浮かべてぼんやりとしていたりして、ショックだった。この秋くらいから、小学校方式にすっかり慣れたようです。

200603261552000.jpg


●スイミングでは、背泳ぎを習ってます。12.5Mのクラスから半年振りに進級!、来月からは25Mを泳ぐクラスになるそうです。うちの子の通っているスイミングでは、クロール→背泳ぎ→平泳ぎ→バタフライの順で、練習します。

●親からみてると長男より、要領も成績もよさそうに見えるのに・・・・成績は・・・・学習面が兄のときより悪いのはなぜ??? やはり授業中に、全く発言しないのが原因かなぁ。二学期の面談で「指せば答えるけど、自分からは手を上げない」って言われたけど、3学期もそのままだったんだろうなぁ。「間違えたらイヤだから、手は上げたくない!」と頑固一徹をつらぬいてたから、、、でも今回の成績には本人も納得いかないらしい。3年生からは発言しようっていう気持ちになったかな。

生活面の評価は納得のいく感じで、「清掃や作業を進んで行う」、「わがままをしない」っていう、兄は一度も丸をもらったことのない項目に、3学期通して丸がついてる。えらいぞぉ。


●「やさしい手づくパン教室」ビデオ
図書館のビデオコーナーで、意気揚々と「これ、借りる~」と選んできた。「これ?」母的には、いまいちに見えたけど、そのまま借りてみた。自宅に帰る車の中、彼の夢は膨らんでいる様子。「ふふふ、あのビデオのやさしいって謎だよねぇ。パンがやさしい味なのかな? それとも、作る先生が優しいのかな?楽しみだなぁ」(普通に考えると、作り方がやさしいのでは??) 

で、帰って早速ビデオ鑑賞。うーん、日清製粉のコックさんが、古典的な手法で黙々とバターロールを作るビデオでした。同じパン生地でのバラエティパンの紹介も。げんたは、感激した様子で「あー、ウマソー。作ってみたい!!!!!!」 というわけで、強力粉やイーストを購入して作ってみることになりました。パン作りなんて、何年ぶり? 春休みのイベントになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.23

かんた観察日記 小4 3月

●来年度5年生からは登校班の班長になることになり、今月から練習をはじめました。班長は、班の先頭を班長旗(短めの棒のついた黄色い旗)を持って歩きます。後ろには班の児童が低学年順に並んで、最後が副班長です。いつも、班の後ろの方でおふさげをして列を乱す側だったのに、班長とは・・・・もう高学年なんだなぁ。本人はヤル気満点ですが、既に何回か旗を学校に置き忘れてます、しかりして~。

4月からは、新入生の女の子二人が加わります。ゆっくり一年生のペースで歩いてあげないとね。かんたが入学した4年前、「学校に行きたくなーい」と泣いて班長さんを困らせたのが、つい昨日のことのようなのに早いなぁ。ちなみに、副班長はかんたと同学年の女子。今度3年生になる弟のげんたが、後ろから二番目です。ということは、班長か副班長が休んだら、げんたが副班長の役目なのね、なんだか信じられない。

●今月は、足の怪我が化膿して、スイミングを休会にしました。やっと治ったので来月からは、また通います。ちょうど進級して習いだしたバタフライを忘れたと、つぶやいてました。また一から練習ですね。わたしも夫もバタフライは泳げないので、かんたが泳げるようになったら嬉しいなぁ。

●3学期の成績をうけとってから書こうかなぁと思ってたのですが、返されてくる答案用紙を見る限り、あまり成績には期待できないので、終業式一日前にアップしちゃいます。まぁ、成績より、健康と、人間性と思って学習面は放置していたのだから、しょうがないです。でも、そろそろ成績が気になるのも正直なところ。中学生になってから苦労しないように、ちょっとは見てやらなければ。

進研ゼミとかは「性に合わない」らしいので、「いちぶんのいち」というプリントを取り始めました。「算数はまあ簡単だけど、国語とか社会がめっちゃ難しい」という感想が、そのまま彼の成績をあわらしてます。かなり基本的な内容なのにねぇ。理科については難しさ云々のまえに、「学校で習っていない」というのが多い・・・教科書を使わない ゆとりのある授業って大丈夫なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

ばたばた年度末

・月末の団地の集金がはじまって、帳簿とにらめっこしています。まったく、訳がわからない・・・事務能力ゼロかもしれない。多分、やっているうちにわかるんだろうなぁ。

・子供は、年度末でいろいろなものを持ち帰るし、明日からは給食もなくなって、すっかり春休み気分。とりあえず、明日の昼はピザトーストを作らせることにする。

・一年続けた生協の家計簿モニター。謝礼に5000円の商品券を頂いた、速攻で電気店に走ってウォシュレットを購入、欲しかったの!  7600円の工事費を節約するために、かんたと一緒に取り付け工事。どうにか成功。

----------------------------------
お彼岸のおれこれのあと、昨日は久しぶりにバーベキューに行きました。生協の産直さんまを炭火焼にして、おいしかったぁ。「肉じゃなかったの・・・」と涙目だった子供達も、さんまの丸焼きと焼きおにぎりと野菜で満足できてました。ときどき、燃え上がるほど脂の乗ったサンマでした。

川原ちかくの畑のあぜ道で、つくしを発見。ほどよく、40本程度の量で、内心ほっとしました。何年か前は、何百本というつくしを持ち帰って、料理が大変だったので。 今晩は、我が家恒例になった、つくしのかき揚げにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

「まっすぐに。」青木 あざみ

大家族ものは録画してでも観るわたし。

二週連続の青木家をみて、長女 あざみちゃんの本が出ることを知ってから、気になってた。他のブログで感想をチェックして、テレビとは違う面も書かれているってわかったけど、ネットでは売切れてるところが多かった。で、本屋へチェックしに行って、立ち読みのつもりが・・・・つい購入しちゃった。 さとみちゃんの養育費になると思えばね。帰宅して1時間で読了。

巻頭に、カラーであざみちゃん親子のグラビアページがあるのが意外というか、竹書房らしいというか。でも、テレビで見るより、ずっときれいに撮影されてます。

で、中身は。うーん、想像ついてたところと、想像を超えてたのと、半々くらいかなぁ。誰が悪いとか、はっきりしないけど、こんなことがあったのかぁと悲しくなっちゃうこうとが多い。でも、「あざみの日記帳」のページを読んでると、お母さんとも和解がすすんでる感じ、何より文章が若い!!!!! さすが17歳。

まっすぐに。
4812426448
青木 あざみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.03.19

スケジュール通知サービス

どうにか、予定を全部終わらせることができたぁ。ふう。多分、忘れてることはないはず・・・・・・。
変に几帳面な面もあるのに、全般的に忘れっぽいのは子供のころからで、いろいろ対策は考えてるけど、なかなか万全とはいえません。 

忘れていけないことは、手帳に書く →手帳を見ない
絶対重要なことは、直接手にメモする →見なかったりする
携帯のスケジュール管理 →登録が面倒で忘れる

携帯からの入力は手間がかかるので、PCから入力して、携帯メールに通知を受け取るのが確実だと思ってたんだけど、yahooやniftyのカレンダーサービス自体チェックや更新を忘れるという感じ。我ながら情けない。

で、今日はアレコレ新サービスを検索して、こんなのを見つけました。


利用は無料!ユーザ登録も必要なし! あなたに便利なToDoMail

試しにいくつか設定してみたけど、携帯から設定するのも簡単でわかりやすいので、思いついたときに即登録OK。また、自宅で用事を思いついたときには、携帯への転送専用の無料メアドを作って、PCから設定してパケット節約できそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.17

思いっきり忘れた・・・

KEKKOさんからのコメント通知を見て、ハッと気がつきました。わざわざ墓参の記事を書いて気合を入れていたのに、仕事の後、墓参を忘れて帰ってきちゃいました。  はぁー、ぼけてる私。夕方は地域の仕事があるし、子供も帰ってくるし・・・・明日家族で行ってきます。どうして、こう忘れっぽいのかしら。

実は、実家は某新興宗教に熱心で、子供のころ墓参りというものをしたことがなかったんです。 自分は、ごく普通の宗教感が好きなので、婚家のいろいろな習慣を積極的にがんばろうと思っているんだけど、なかなか身につきませんね~。叔母様方の感覚では、入り花は立てない、墓参は必ず午前中に済ますっていうのが当然なんですよね。だいたい入り花うんぬんというのは、彼岸前に慌てて手入れをするのではなくて、常々墓参を怠らないという意味なんだと思うけど・・・なかなかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

もうすぐ彼岸

書くことが思いつかないので、ブログのバックナンバーを読んでみた。左下のバックナンバーの項目から昨年の3月の記事をチェックしたら、「入り花は立てるな 2005.03.18」っていう記事があった。あー、そうか寒くて忘れてたけど、あさってが彼岸の入りだ。というわけで、明日はお墓参りに行ってきます。 無理せずに行ける距離なので、なるべく、しきたり通りにしようかなと。

でも、本来は彼岸前に清掃を済ませて、彼岸中にも家族でお参りするのだと思うんだけど、夫は私が墓参を済ませたら自分は行かないとか言う・・・・・それでいいの? 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.15

あら、お仕事おやすみですか?

って、聞かれてビックリした。 近所の人ではなくて、ゲーム「おいでよ どうぶつの森」の住人から。 子供に教えられて、はまってしまい、とうとう自分用のカードを購入して1週間ばかり。子供の村と違って、時間を変えたりしないから生活時間がチェックされてたのね。ゲームとはいえ、すごいなぁ。

はい、今日はお休みです。美容院に行こうかと思いつつ、ついついゲームをしてたのですが反省。でかけてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月前半の健康管理ノート

げんた:まあまあ。鼻水がだらだら。
     毎年アレルギーっぽく春先は鼻水が続く。
     コタツを撤去したり、拭き掃除をしたけど・・・効果なし。

かんた:まあまあ。ちょっと鼻水

<忘れてたので追加・・・>
    足の指が化膿していたところは、やっと乾燥しました。
    (通院の記録はこちらの記事で
    でも、爪が半分浮いたような感じなので、大事をとって今月は
    スイミングを休むことにしました。
     
 父 :良好。メディカル枕、特にほめないけど、合っているみたい。
    寝る前に枕をとっかえひっかえして、替えることがなくなった。
    そばがら、低反発、アクリル綿と、その日の首の調子で
    取り替えてたのが嘘のよう。

 母 :まぁまぁ。
    ひさしぶりに、かんたの入院していた病院に行った。
    かんたの入院前に「定期的に診せてね」って、いわれて
    いたことを思い出して・・・・・・ドキドキ
    自分の健康管理って、ついつい忘れるのよね。
    とりあえず問題なしで一安心、また来年受診の予定。
    これからは、忘れずに毎春通院しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

キンクマ ~出してくれ~

200602122043000.jpg

2月撮影のキンクマ「ちび」 、秋に飼いだしてから夫の愛を一心に受けて育ってます。 エサやりも、そうじも、水飼えも、散歩の監視も、すべて夫。 写真は、冷凍ライチの皮をクンクンしているところ。


200603141414000.jpg

で、こちらが昨夜の様子。「出せ~!!」って、感じでしょうか?
洗濯バサミで止めてある取っ手を上に持ち上げると、入り口が開く構造なのですが、ちょうど手で押し上げたのか・・・開いちゃったんですね。これからは、ずっと止めておかなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眠い・・・

いつもは、11時前に寝てるのに、今日はハムスターを観察中。 

2時間ばかり前のこと、夫も子供も寝たあとコタツに寝転んで、脳トレをしていたら、なにやら感じる視線・・・・・・夫の愛鼠、キンクマが じっと下から見上げてたんです。 しばらく見詰め合った後、追いかけっこの始まりです。ソファの下から、コタツ布団の中、と狭いリビングなのになかなかつからまらない。どうにか、隣室の押入れの入り口でつかまえました。 

ストッパーつきのケージの扉をどうやって開けたのか? 夫が夜の散歩の後、閉め忘れたのか? ケージの扉は全開状態でした。

とりあえずケージの扉を洗濯バサミで固定して、「もし、今度扉が相手も勝手に出ないように!」と、ハムスターに無駄な説得をしてみました。 30分周期くらいで、扉のところへやってきてはガジガジと齧ってますが、今のところ扉は無事な様子。んー、このまま寝ちゃおうか? 万全を期して針金で固定するべきか??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.12

つい忘れる読書記録

読書記録を書くのがおっくうになって、しばらく間があいてしまった。でも、書いておかないと、どんどん忘れるので、題名と数行のコメントだけでも書いておこう。 ■変身:東野圭吾、なんだか、読みはじめから結末が、うっすらと想像ついたけれど、読ませられるように読みすすんだ。展開が予想できても読み続けたくなる文章力って、いいなぁ。 その後、興味本位で脳関係の本も借りたけど、脳って複雑・・・難しすぎた。 ■容疑者Xの献身:同上、やっと順番が回ってきた。直木賞受賞が決定してから読めて、却ってよかったかも。Xみたいな人、好きだな。でも、やっぱり罪はつぐなわないといけないのね、当たり前だけど。ため息の出るラスト。天才なのに高校教師というのが、強調されている気がするけど、それが彼の問題ではない気がする。 ■お手伝いで子どもの心を鍛えなさい―愛情としつけの知恵21 :町沢 静夫、普通の教育本かと思ったら、全然違っていた。精神科医師のかく、生活力の無さが 引きこもりや精神障害につながるという警告だった。むむむ。 ■照柿:高村薫、やっと合田刑事 三部作を読み終えた。二作目が最後になったけど、これが一番重い作品なので、それで良かった気がする。なんとなく苦手だった高村薫、読み始めた動機は、知人に「合田刑事がホモとして書かれているのかどうか感想が聞きたい」といわれたこと。でも、読了したら、そんなのどっちでもいいかな?という感じ。ストーリーとして楽しめれば、OKというのが私の観点なのね。 ■板谷バカ三代 :ゲッツ板谷、笑えるようで、笑えないような、家族の記録。 うーん、軽く読みすすめた本は、だいたい忘れてしまった。どんどん忘れるのに、どんどん読みたいのはなぜかな? <最近のヒット作品> 新刊コーナーでパラパラっとめくって、挿絵が可愛いので借りた本。 1回目に読んだときは、?何これ??っていうような小作品だと思ったんだけど、つい二回目、三回目と読み返し、、、かなり気に入りました。自分は、可愛い女ではないかなぁと思うけれど、ちょっといいな。 可愛い女
アントン・P. チェーホフ 児島 宏子
4896421469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

なにやらトラブル続きなココログ

あれ、入れた。
って、ココログの管理画面のことです。 きのうはメンテ、メンテの後は障害と、ずっと入れなかったんです。正式復旧はしていないようなので、安心できませんが。ちょこっと書いておこう。

昨日・今日は、久しぶりに子供達のお弁当を作りました。久しぶりの遠足&予備日。 かんたが大人用のお弁当箱を持っていくようになったので、おかずの量も結構必要です。でも、遠足も弁当も、子供のとっては楽しいイベント、結構がんばって作りました。お天気でよかった!

今の学年の登校日もあと10日ばかり、もう年度末ムードです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.09

やっぱり2分前発車

通勤バスに、ときどき置いていかれる。ちょうどの時間にいくと、遠くに去っていくバスが見えるの。

ずっと自分の時計が違うのかと思ってたけど、渋滞路線のせいか早めに出発することにしてるらしい。今日は、会社員風の若者が乗り遅れて、次の信号まで走ってきて乗せてもらってた。
黙ってドアを開ける運転手、無言で乗り込む若者。うーん、文句は言わないのか、2分くらいは当然なの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

奏(かなで)を聴きながら

スキマスイッチのアルバム・「空創クリップ」と「夏草ノイズ」 を借りてきた。コンポ類がない音楽にうとい我が家、DVDレコーダーとPCにコピーして再生。 なかなか、いいなぁ。部屋の模様替えをしながら、繰り返し再生。

恋愛の歌を聴きながら、遠い日を思ったり(笑)、息子達のこれからをちょっと想像したりして・・・。げんたと彼女は なんとなく想像できる、でも、かんたは・・・女より仲間とか言ってそうな気がする(母の誤解だといいけど)・・・恋愛してよね~。

いくつか聞いたことがある曲のなかの一つに、奏(かなで)があった。お正月番組の夢を叶える企画で、歌っていたものだ。幼稚園のホールを借りての恋人二人へのコンサート、良かったよなぁ。でも、別れが歌われているの意外だったの。トラックリピートにして繰り返し聞いてみた。

あれれ、繰り返し聞いている間に、「君が大人になってく その時間が」というフレーズから、親子の巣立ちの歌のように聴こえてきた。 「君が僕の前に現れた日から 何もかもが違くみえたんだ」  そうそう、子供を産んだことで人生観ってかなり変わった気がするの。なんてね。 あと10年もしたら 息子達も巣立ちの季節。


<アルバムのデザインもいいな>

空創クリップ (初回生産限定盤DVD付)
スキマスイッチ 大橋卓弥 常田真太郎
B0009S2PIS

夏雲ノイズ(初回)(DVD付)
スキマスイッチ
B000295YVY

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.05

紅梅

200603051028000.jpg

華やかなわりに、香りがうすい気がするの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白梅

200603051655000.jpg

写真にすると、さみしい感じだけれど、一番すきなのは普通の白梅。 このあたりでは、小梅系の品種が多いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろうばい(ロウバイ、蝋梅)

200603051653000.jpg

逆光になってしまった。黄色い梅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅祭り

昨日は、梅まつりに行って、山歩きを楽しみました。 ちょっと渋いのですが、一番好きな花です。風に乗って漂う、かすかな梅の花の香りがたまりません。寒い時期なので、誰かが風邪を引いていると、あきらめるのですが、今年は家族で楽しめました。

いや、実は「花より団子」の男三人は、出店が並んでいるはず!と食べ物デつって出かけたんです。ところが、ほとんどのお店は、梅干・梅茶・梅酢などなど、梅尽くしでした・・・。 たこ焼きを見つけて大喜びで購入したら、まさかの梅風味で、かんたが固まってしまった。 梅が苦手なので食べれない・・・・。

最後の最後に、猪うどんの店があってよかったぁ。

かんたの感想:「山がきれいだから、来年も来てもいい。だけど、絶対に唐揚げの入ったお弁当を持ってきたい」

梅の花の写真、昨夜からアップが失敗しているの・・・明日にでもアップしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

白血病でした

かんたと外科に行きました。 足指の傷が二週間くらい、ぐじゅぐじゅして、治りきらないので・・・。 実は消毒は本人任せで、経過を良く見ていなかったのですが、気がついたらスイミングの休みも三回目を迎えたのでギョッとして通院したわけです。

結局もう、ほとんど治っているとのことでした。 若い先生がひと目見て、「なんだ、治ってるじゃないですか。 どうして来たの?」  思わず苦笑いしてしまいました。 爪の横の肉が妙に盛り上がっているのも、皮膚表面がまだ粘り気があるのもOKらしい。  「結構、化膿したあとは皮膚がなかなかしっかりしないんですよ。このままで、いいです。あ、お風呂も今日からどうぞ」という解説を頂いて、塗り薬もでることなく帰宅。 (実は、ずっと入浴させていたことは、言えませんでした・・・。入浴を控えるべきだったのね)

なんか、タイトルと全然違うことを書き連ねてしまいました。本題は、これから・・・。 

ここの病院、かんたが脱臼したときや、ハムスターに噛まれたときに通院したことがあったのですが、2年以上行っていなかったからか、カルテを新しく作ったようでした。(個人情報保護で廃棄したのかな?) 診察前に看護婦さんが、新しい用紙を持ってヒアリングに来ました。 

看:「これまで大きな病気とかしたことありますか?」
母:「えー、かなり前ですが白血病の治療をしました。
   ・・・もう治療が終わってから、かなり経つのですが」
看:「あー、そうですか」
  手元のメモに書いているのが見えました。 白血病→治った
看:「他にアレルギーとか、ぜんそくはどうですか?」
母:「特にないです」

不意打ちに既往症を聞かれると、これまではだいたい「無い」で通していたのですが、今回はすんなり答えた自分に、自分でビックリ。でも、相手も、周囲の人も、夏に白血病という病名を認識した本人も、特別な反応は無く。診察も、前述の通りあっさり。 

これまでって、予防接種や、かかりつけの耳鼻科・内科には、問診表や、初診時の用紙に「小児ALL 治療開始から何年」とかって書いてたんです。こちらの書き方のせいか、医師からも「あー、リンパ性のあれね」というような反応で、秘密めいてました。 眼科、歯科、外科、整形外科では既往は無し!にしていて、これからもワザワザ言うこともないとは思うんだけど、なんか病気のことについて普通にしゃべれることに、プチ開放感を感じました。

思えばこの夏休みに、かんたがしっかりと自分の既往症を認識してから、白血病という病名について本人よりも親のほうが気になることが多かったかも。 周囲にどう伝えるかは、まだまだ本人も親も、ポリシーが決まらない状態ですが、いろいろな出来事の中で自分達のベストをみつけられたらいいな、と思います。

別サイトの日記を添付してみますが、かんた本人の考えは、その後、どうなっているのかな。
---------------------------------------

2005.12年末 秘密にしておくことなの?

今年も終わろうとしています。かんたと病気関連で考えると、今年一番の出来事は白血病という病名をかんたにハッキリ教えたことかも。これまでは、あまり記憶に残らなかったようだけど、さすがに10歳になると忘れないようです。ときどき口にしては、素朴な疑問を聞いてきたり、こちらの反応をうかがったり。そして、自分の気持ちのままに人にしゃべってみたり。

かんた:「今日、先生に白血病のこと話したら、ビックリしてたよ」
 母 :「え? 担任の先生に?
     そ、それは、驚くかも。学校の手紙には書いてないのよ」
かんた:「ふーん。保育園や幼稚園の頃の話になったから
     ぼく白血病だから、幼稚園途中から入ったんだって教えておいた」
 母 :「・・・先生、何か言ってた?」
かんた:「『えー!』って言った後、『今でも検査とかしてるの?』
     って聞かれた。秘密にしておくことなの?」
 母 :「いやぁ、別に。薬も飲まないし、もう元気だから学校には言ってないだけ」

「本人のことだから・・・」と教えたわけだけど、その後のことは、あまり考えてなかった。隠すことではないけど自分からしゃべり回るのも? 自然なきっかけがあれば、話すのも自然かな? 驚かれたり、「ウソー!」とかリアクションも色々みたい。このあたりのサジ加減は、もう彼が考えていくことかなぁ。親として冷たいかしら? でも、病名を伝えるからには、秘密にすべき病気という扱いはしたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットは打ち出の小槌?

ウィニー での情報流出のニュースって多いなぁ。 IT関係だけでなく、政治家や警察関係からも情報漏れだものね。
ソフトや音楽データの違法コピーがし放題だって、知人に聞いたことあるけど、みんな使ってるのかな? 違法という言葉にもビビるし、専用ウイルスが出回っているっている点でも、怖くて試してみる気になれないんだけど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

テンプレート変更

ドーナッツタウンの仲間達テンプレート、とってもキュートで、「自分のブログじゃないみたい」なポップな感じが大好き。だけど、なぜか改行がずれたり、なくなったりする・・・ので変更しました。今度は、音符テンプレート♪ 音楽センスは皆無なんだけど、のんびり音楽を聴いたり、お茶を楽しむ時間は大切にしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1冊の通帳と7冊のノート


団地の役員が回ってきて、引継ぎを済ませました。どう考えても苦手な会計・・・・。(いえ、管理人はもっと苦手なので、文句は言えませんが。) 1時間ばかり、前任者からの事務事項を聞いて、頭がクラクラしてきました。 複雑、通帳が1冊なのはホッとしたけど、なぜノートは7冊もあるの??


ベストは尽くすつもりですが、非常に不安。 ノートは手書きだけど、任期末には集計表の配布がいるので、Excelを勉強しようかな。わざわざOfficeを買ってあるのに、まったく使っていないのよね。


それにしても、住んでいる部屋番号に巡ってくるので、この団地に転居してきたばかりの人がやっていたこともあったのよね。大変だったんだろうなぁ。 「自分がやってみないと気づかないことって、多いよなぁ」と、今更のように感じました。 こんなこと書いている今も、誰かが自分達のために大変な仕事をしてくれてるのかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »