« mixi な世界--その1 | トップページ | ココログフリー?? »

2005.11.22

読書記録 横山秀夫「半落ち」

横山秀夫をドンドン読んでいます。 
小説の段階で場面展開が速くて、映像化に向いている作品が多いなぁと思いました。もちろん、読書でもスピーディな展開で一気に読めてしまいます。

やはり読書記録に書いておきたいのは「半落ち」でしょうか。白血病に関係がある小説って、ついつい避けているのですが 先月書いた 読書記録 横山秀夫の記事にいただいた sei_papaさんからのコメントを読んで、エイッと手に取りました。

読み始めたら、1日半で読みきってしまいました。 たしかに白血病関係の具体的な記述は少ないです。闘病や病態の詳細ということで言えば、アルツハイマー病が中心でした。ただ、この作品の影響の大きさがニュースになった「骨髄移植関連」は物語の中心です。ドナーになる勇気、バンクの大切さが伝わってきます。 でも、「骨髄移植をすれば必ず急性骨髄性白血病は治る」という立場なのが・・・・・・、かなり気にはなりました。

さて感想としては面白いのは間違いないのですが、ちょっとヒットを狙ったというか、読者を泣かせることに重点が置かれているような気もします。他の作品と同じように、非常に冷静で理論的な部分も多いのですが、涙を誘うようなフレーズが同じ文章のまま何回も繰り返し出てくることにちょっと違和感がありました。 気持ちよく流れに乗って涙を流すのは気持ちよかったですが、ちょっと「感動して泣いた」というより「作者に泣かされた」ようなイメージ。 でも、目が腫れるくらい涙するのも、たまにはいいんでしょうね。 


半落ち
横山 秀夫

4062751941
講談社 2005-09
売り上げランキング : 91

おすすめ平均 star
star良質な社会派ヒューマンドラマ
star感動よりも
star秀作だが、「感動」「意外な結末」には同意できない

Amazonで詳しく見る

オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

横山秀夫は図書館蔵書の半分くらいの作品を読んだので、しばらくは別の作家にうつろうかと思います。

|

« mixi な世界--その1 | トップページ | ココログフリー?? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/7268773

この記事へのトラックバック一覧です: 読書記録 横山秀夫「半落ち」:

« mixi な世界--その1 | トップページ | ココログフリー?? »