« 今年は早すぎたリンゴ狩り | トップページ | 二台目は、、、 »

2005.09.20

読書記録 自己満足の読み聞かせ

だんだん読まなくなっていた寝る前の読み聞かせ、げんたを早く寝かせるために再開してます。今回は、最近読み聞かせた本をリストします。

2年生のげんたの目標は9時就寝。彼は話を聞きながら眠るのができないタイプ、途中で質問したり、挿絵をしみじみ見ながら聞くのが好きみたい。ワクワクする冒険ものや、大好きな昆虫ものでは、なかなか眠れません。しょうがなく、げんたの好きな本と母の選んだ本を1冊づつ交互に読んでいます。なるべく目をつむって想像しながら聞くようにと言ってますが、図鑑はそうもいえないし・・・。本を読み聞かせるよりも、歌を歌ったり、その日の出来事を話したりする方が、げんたには向いているのかな?とも思うのですが、本を音読すると自分のストレス解消にもなっていいんですよね。なので、ついつい本が中心になっちゃいます。以前は、下読みをしてから読んでいたのですが、最近は初見で読んじゃってます。ほとんど、自分のための読み聞かせです・・・。

兄のかんたは本を聞きながら寝るタイプで楽だった。個性の違いですね。4年のかんたは、朝一人で起きれた日は10時、起こされた日は9:30就寝。さすがに、一人で眠れるようになりました。でも、物語を読み聞かせをしていると、子供部屋にやってきて一緒に聞いています。そして9時になるとリビングに戻って、テレビを見たり漫画を読んだりして、時間になるとひとりで寝に行きます。

グリーン・ノウの子どもたち
L.M.ボストン 亀井 俊介

4566010007
評論社 1972-01
売り上げランキング : 117,095

おすすめ平均 star
starあらすじがわかっていても面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ただいま、読み聞かせ中。ワクワクする部分、淡々とした部分が、バランスよくて読みやすい。現在と過去が交錯するので、わかりにくいかもしれないけれど。おばあさんと少年の交流だけでも、わかってくれたらいいかな、と思って読んでます。シリーズになっているので、母としては続けて読んでいきたい。

ギザ耳ウサギ
小林 清之介
4751519190

これも親の選んだ本。シートン動物記の中では、このギザ耳が一番気に入った様子。アメリカの沼地に行ったら、ギザ耳にあえるかどうか考えていました。

空とぶかいぞくせん
寺村 輝夫 永井 郁子
4251037723

げんたが選んでくるのは、かいぞくポケットや1ねん1くみなどのシリーズ。読みやすい、面白い=ワクワクして眠れないシリーズです。かんたのときに、ひととおり読んでいるのですが、一度聞いた話ほど何回も聞きたいらしい。エルマーとりゅうシリーズも大好き。

昆虫の図鑑採集と標本の作り方―野山の宝石たち
福田 晴夫 山下 秋厚 福田 輝彦
4861240573

まったく困ったことに、げんたは図鑑が好き。子供向け図鑑はせっせと自分で読んでるけど、こんな本を借りてきて読んでくれなんて・・・。そりゃあ漢字ばかりで読めないだろうけど。「シロテンハナムグリ:本州から九州、樹液や熟した果実に集まり花に来ることもある。普通」って解説を読むのって、読み聞かせとはいえない気がする。偏見かしら? 図鑑関係は、かなり機嫌のいい夜にしか読みません。

子ども版 声に出して読みたい日本語 2 柿くえば鐘が鳴るなり/俳句
齋藤 孝 江口 修平

479421331X
草思社 2004-08-13
売り上げランキング : 69,713
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ワクワクする物語や目がギラギラしちゃう図鑑の日は、きりのいいところで短めにきりあげて、残り時間は俳句や詩集でクールダウン。

|

« 今年は早すぎたリンゴ狩り | トップページ | 二台目は、、、 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年は早すぎたリンゴ狩り | トップページ | 二台目は、、、 »