« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.31

7月の健康管理ノート

げんた:良好。
    ひじやひざの炎症が治って、眠りやすそう。

かんた:良好。中耳炎の服薬10日ほど。
     遊び疲れのせいか、口内炎を繰り返す。

父:良好。外勤なので、暑い日はしんどそうですが。
  夏の暑さにもだいぶ慣れた様子。

母:良好。
  勤務先での健康診断、勤務時間の都合でギリギリ対象外に…
ちょっとショック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

だいたい いとこ

この間の休みのこと。友人宅に子供連れで遊びに行った。かんたが赤ちゃんのときからの付き合いだけど、家が離れていることもあって、最近では年に数回しか遊べない。2,4,6年と2歳違いの男の子が3人で、ぐちゃぐちゃと遊び、母親同士は近況報告しつつお茶。と、ピンポーンと友達の子に来客。これまでは、親が断りに出ていたはずだけど、今日は子供に任せる様子。6年生だから大丈夫だろうと思いながらも、親は二人で奥で聞き耳。(ドキドキ)

「たいくん、あそぼぉ!」
「あ、今日は人が来てるからダメだわ」
「誰?」
「お前の知らないヤツ」
「何の友達?」
「えーと・・・あれ?なんだっけ」  ←おいおい(^^ゞ
「いとこ?」
「あー、そうそう! いとこだよ!」
「そっか、じゃーまたな」

はぁ~と、友人と二人でため息。それにしても、いとこって便利な言葉ね。 でも、仲良いけど、たまにしか会えない関係って、だいたい いとこで正解かも。親同士が友人という以外、学校も習い事も共通点がないんだもんね。とっさの いとこ発言に、ちょっとうれしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.28

はじめての置手紙

帰宅したら子供達は留守で、机の上に置手紙。団地の敷地外に行くときは、書くように教えている。でも、買い物とか友達を誘いに行くくらいだと書かないので、初めてだと思う。

ともや君ちに行ってきます◎ (かんこ)

なぜ偽名で女の子のふりして書いていくのか?? なんにしても、かわいい。と、ほほえましく思っていたけど、子供部屋をチェックすると、約束していた分の勉強をまったくしていないことが判明。今日は午前は学校のプール開放、昼食直後から親が留守の家に入りびたったもよう。

この1週間、遊んで、遊んで、遊び倒している・・・。ちょっとは、手綱をしめないといけないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

読書記録:星の地図館 など

星の地図館 Star Atlas New Edition
林 完次 渡部 潤一 牛山 俊男 月本 佳代美

4095260785
小学館 2005-06-30
売り上げランキング : 1,089
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あぁぁ、夜中のインターネットで衝動買いしてしまいました。キャンセルしようか悩みながらも届いた本を見たら、「買ってよかった!」と思えて、ホッとしました。

かんたが理科の授業で星座表を持ち帰ってから、にわか天文ブームの我が家。でも、なかなか星の観察は思うように行きません。次のキャンプの機会まで、じっくり夏の星座を覚えます。

ドラゴンボール (巻24)
鳥山 明
4088514149

かんたが、久しぶりに図書館に一緒に行くようになりました。目的は、このコミック。漫画は一般書棚に出ていないため、借りるにには検索して、所定の用紙を記入する必要があります。がんばって、記入していました。(5月の連休で宿泊した宿にあった漫画がきっかけ。)ついつい母も目を通してしまいます。とうとう、話が宇宙に広がってきました、もうすぐスーパーサイヤ人になりそうです。

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling
0747581088

せっせと読んだ、ハリーポッターと混血の王子。せっかく購入したので、読み終わってからもちょこちょこ読み返しています。夢物語のようだった始めの3巻に対して、後半の巻って楽しいだけじゃなくなってきている、政治的でもあり、思春期ものであり、ストレス対策物にもなってきている。そこがまた、大人にも人気の理由かしら?

ファンタジーって、以前はあまり好きではなかったのに、どうしてハリポタには、はまってしまったのか自分でも不思議。学生の頃は、純文学とかルポとかのほうが好きだった。娯楽系では、SFとか推理小説、または恐怖小説。 ファンタジーって、ご都合主義だったり、無い物ねだりじゃない?と思ったりしていた。大人の楽しみがわかるようになったのか?、現実に疲れているのか……、ちょっと気になる、自分の変化。でも楽しいと思うことは、理由はともかく楽しまなくちゃね。

アサーショントレーニング―さわやかな「自己表現」のために
平木 典子
4931317014

あらすじで覚える 速読のススメ + あらすじで鍛える 速耳のススメ
B0008U8QA8

こんな、PCソフトも夜中に購入しちゃいました。ちょっと後悔。買ったからには活用しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

選択の自由

医療用語のようなイメージの、インフォームドコンセント。事前説明という訳にしてみれば、今はいろいろなサービスを申し込む際に、なされている気がする。情報開示とか、選択の自由という意味では、いいことなんだろうけど、苦手。基本的に即断の苦手な自分を実感してしまう。なんだか判断力が試されているようで……。

----------------------------------------------
説明者:aという方法とbという方法があります。

わたし:そうですかぁ……(どうしようかな、aにしようかな)

説明者:そうそう、ちょっとアレですが、cもあります。

わたし:え! そうなんですかぁ……(アレってなんだろう?)

説明者:dも不可能でないですが、難しいです。
    そして、すべての場合において問題発生の可能性があります。

わたし:はぁ……。(パニック)
----------------------------------------------

他の人は、どうやって決めているのかなぁ? うちの夫だったら直感で決めそうだけど、わたしは、なかなか決められないタイプ。

・あなたの、おすすめはどれですか?
・一番、一般的なのはどれですか?

って、説明者に聞くのも軟弱っぽくて嫌だな! なんて、変なプライドがあるのが問題なのかも。でも、責任問題もあるし、説明担当者が選ぶかどうかもわからないし、だまされそうな気もする。(われながら嫌な性格だな)

・もう一回すべての選択肢を順番に説明してください
・今は決められないので、後で連絡します

っていう余裕があるときは、まだいいけれど……

・なんだか、わからないけど、もう aにします

ってなっちゃったりすると、自分で自分にガッカリ。結局、選択の自由を生かしきれていないと感じて、自己嫌悪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

にこcafe

長男の病気つながりで知り合った、にこさんのサイトを紹介します。

nico

双子育児のことや、双子の一人「にこ1」ちゃんが2才で発病してからの闘病のことなどがつづられています。双子ちゃんは、現在4才、元気に夏を過ごしている様子が、 blog にこらいふにつづられています。 夏は、親にとっては暑くて大変な季節ですが、子供にとっては心踊る季節なんですよね。ラジオ体操や、川の生き物のことを読んで、そう思いました。

(うちも家の中にメダカやら昆虫が増えています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

プラネタリウム

夏休みに入って初めて、母子で出かけました。これまで母が読書に熱中していたからではありません。これまでは、仕事から帰ると息子達が出かけていたり、家にいても「あとで約束がある」って、断られてたんです。昨日も土曜日だというのに、朝の8時半から友達が呼びに来て、午後に予定していた家族での外出をキャンセルされてしまった……。 家族で出かけるなら早朝から行かないと、行きそびれるようになりました。

今日は、めずらしく遊び友達がみつからなかったらしく、午後 子供たちがゴロゴロしていたので、大急ぎで外出しました。学校で割引券をもらっていたプラネタリウムに行って、おやつにソフトクリームを食べて、図書館もひとめぐりして、最後はスーパーに行って買いそびれていた子供用サンダルを新調と、充実!

実は、自分がプラネタリウム大好き。 今日は子供向けプログラムだったけど、次は星座解説に行きたいな。以前は、げんたは暗くなるとすぐ寝ちゃうし、かんたは「暗い・音が大きい」って嫌がったりで、楽しめなかったけれど、そろそろOK。ただ、どうも、かんたは半球型の映像に酔ったみたい……。 そういえば、北海道のどこかの昆布の映像館でも、気分が悪くなってた。乗り物酔いみたいな感じかな? 終わったらすぐにアイスがたべれていたから、そんなにひどくはないんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

読了 ハリーポッター6巻

やっと読み終わりました。まぁ、ストーリーを追って、辞書も引かないでざぁっと読んだ感じです。ただ最後まで来ると、読み終えるのがもったいないような気がして、後半の大切なシーンはゆっくり読みました。

ネタバレになるので具体的な感想は控えておきますが、4巻辺りから「読み終わってスッキリ」しつつも物語の展開の重さが胸に残りるようになっています。今回の6巻も例外なくヘビーな終わりになっています。全7巻のはずなので、あと1巻で終わり。人気があるからと、予定を延ばしたりしないで、キッパリ終わらせてほしいものです。

それにしても、ハリーも16歳、思春期後半のお年頃で……自分の子供たちが年頃になったらと思うと、複雑。まだ、だいぶ先のことでしょうが、息子のガールフレンドにやきもち焼いたりしないようにしたいものです。
 
5巻はUS版、6巻はUK版にしたのですが、UK版の方が、ちょっと読みにくい。運命の流れのようなものを、US版はまざまざと感じさせて、UK版は淡々と書いているような感じ。(ただ単に、英語理解力の差かもしれないけど) でも、本当の原作はUK版だろうし、絵がない分好きなように想像できるのでよかったかも、昨年はUS版のスネイプやアンブリッジのイラストにはイメージを引っ張られてしまったので。七巻を買うなら、またUK版かな?  その前に、US版の6巻を図書館で探してみようかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.20

しばらくお休みします

暇を見ては、HarryPotterの6巻(原書)を読んでいるのですが、なかなか進まずイライラしています。年に1回しか英文を読まないんだから、読めなくて当然なのですが。しばらく、あき時間は読書に集中するので、ブログをお休みします。たぶん、一週間後くらいには再開できるとおもいます。HP6 P286

終業式が終わって、かんたもげんたも、遊びまわっています。
明日から夏休み、お昼の準備や、手伝いなど、生活リズムも大切にしつつ、のんびりしてほしいです。 その為には、母が暇を見ては本ばかり読んでいてはいけないのかもしれない??けれど、「ハリーポッターか…、じゃあ、しょうがない」と夫も子供もあきらめらているようです。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

ちび蛙

山間の村で一泊してきた。川遊び、花火、虫採り、温泉。なにより色も大きさも様々な蛙がいっぱい。

HP6 P132200507180759000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず写真

200507171356000.jpg
200507172102000.jpg


<追記>
昆虫も爬虫類も両生類も、けっこう大丈夫なので、こどもにカエルの見張り役を言い渡されました。なかなか、かわいかったです。青っぽいカエルってはじめてみました。ネットで調べても良く分からない、名前がわかるものは検索しやすいけど、見ただけで名前のわからないものを調べるのは難しいなぁ。
ポケモンのアニメに出てくるような、イメージから名前のわかる図鑑が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

標準語をしゃべる嫁

久しぶりに夫の親戚に会った。野菜を頂いて、うれしい。「もっと、たびたびおいで」って誘ってもらうんだけど、農家はいつも忙しそうで遠慮してしまう。今日も、何かの出荷で忙しそうで、近所の人が手伝いに来ていた。おばさんは相手に私のことをせっせと説明している「○○とこの××の長男の嫁で、関東から、こっちにきた」的な説明。 やっぱり? 「なんで、また東京から・・・・・・」という視線を受けながら、「あ、はじめまして」と、にっこり会釈してみた。  

うーん。このあたりの感覚では、関東=東京なのよね。いつまで経っても、よそもの気分。まぁ地元民ではないということで、「気が利かないこと全般」に対して、許されている面もあるようなので、別にいいけれどね。おばあさんの年代になっても「他県出身」って言われるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

これからブログを始めるとしたら…

ブログのこと(始め方)を聞かれて、ちょっと調べてみた。
http://www.kooss.com/blog/ :無料Blog(無料ブログ)比較

うーん、無料のものだけでもたくさんある。 Help 容量 携帯 などがリストされてるけど、案外デザインの好みや選択肢の広さも大切かなぁ。自分が、これからブログを始めるところだったら、どれを選ぶのかなぁと考えながら、あちこち見てみた。うちは画像は少ないから容量は、あまり関係ないなぁ。

たまたまniftyIDを持っていたので、新サービス紹介メールをきっかけに、ココログを使い始めた。プロバイダのサービスだから、バックアップとかは万全かなぁと思って使っているわけだけど、性能的にはちょっと不満。このところ管理画面に入るのに待ち時間が必要だったりする。 使い慣れたし、面倒なのでブログを引っ越そうとは思ってないけれど。

最近、気になる機能は、携帯からの参照。ココログは、投稿は携帯メールでOKだけど参照がいまいち。まったく読めないわけではないけれど、PC形式のまま参照しても、不便でしょうがない。モブログで投稿しても確認が不便。gooブログ や、livedoor Blogは、携帯からアクセスすると携帯形式ですっきりした画面で読めるので、うらやましい。こういう細かいところって、比較一覧でみてもわからないのよね。

結局、始めるときの気分や、知り合いが使っているサービスで、エイヤッと始めるものなのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.13

トマトジャム

レシピを見かけて衝動的に煮てみた。予想以上においしい。

トマト350g、砂糖140g、レモン汁1/2個分200507131845000.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.12

気楽な個別懇談

学期末恒例の懇談、今回は兄弟そろってあっさりと終了しました。大きな問題も無く学校生活を楽しそうにしているという話をきいただけでした。なんだか拍子抜け。予定時間にぴったり始まって、10分の予定時間より早く終わるなんて、これまでは考えられなかったこと!

げんたは、工作が嫌いなことを確認された。幼稚園までは工作大好きだったんですよ、と言ったら驚かれた。入学後はテーマなどを考えすぎて(というかテーマを理解できなくて?)作れない様子…、困りましたねーという感じで同意して終わり。夏休みに工作させろって言われなくて、ホッ。

かんたは、中耳炎の様子を聞かれたくらい。(順調に回復して、今週は泳いでいます。)あまり良いとは言えない学力テストの結果も受け取りましたが、先生からはノーコメント。 今回は勉強の話は一切出なかった。国語力は相変わらずで、ぎんこう →鉄校、しやくしょ → 市所場 なんて書いてるんだけど。「ちゃんと席に座って授業を受けれている」って誉めてもらったのですが、他の子は歩いてるのかしら?

「長期休みに家庭でさせてほしいこと」ということが、ひとつもなく終了して。嬉しいやら、気が抜けるやら。今年は校長先生が代わったので学校全体の方針転換なのか? たまたま兄弟そろって、あっさりした担任の先生に当たったのかしら? とにかく、無事に終わってやれやれ。もうすぐ夏休みです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.11

読書:SFなども

この1週間ほど、ブームに乗せられてスターウォーズ三昧。エピソード3も息子達と鑑賞。パンフレットを読んだり、TV公開版をビデオに撮ったり。ついつい書店店頭でも、SWのコミックや写真集を読んでしまいます。この頃、SFばなれしていたけど、面白い。でも、ファンタジーを読んでも、SFを読んでも、その世界感や設定や小道具よりも、人間模様に目が行くようになって、もう若くない自分を感じてしまう。まぁ、当然か。

スター・ウォーズ:エピソード3/シスの復讐
富永 和子
4796841164

ワールドコミックスって、写真とカラーイラストの漫画形式。公開早々に、映画も観に行ったけれど、本屋でついつい立ち読みしてしまった。スター・ウォーズって、はじめは9部作と聞いていた気がするけど、今回で最終なのかなぁ。なんだか、さみしい。小説版でも読もうかしら。

スター・ウォーズ ビジョナリーズ 新たなる伝説
479664704X

これこそ読みたかったけれど、店頭に無かった。(売り切れ?)

一絃の琴
宮尾 登美子
4061317784

一絃琴を巡る、二人の女性のストーリー。戦前の日本女性の生き方の形がかなり決まっていた様子が印象的。 家事万端の気配り・実行など、とても出来ないわ、と本筋とは離れたところで関心したり。

さかしま
梁 石日
4901006142

血と骨と同時期の話がいくつか、タクシー関係の話がいくつか。ついつい、読んでしまう短編集。

ふしぎな図書館
村上 春樹 佐々木 マキ
4062127393

装丁が素敵。ふっくらと詰め物のされた表紙・裏表紙、素敵なケース入り。そのせいか、文庫本サイズなのに値段は高めだけど、一冊手元に置きたくなるさわり心地。文章的には、海辺のカフカを思い起こすシーンなどもあって、短いけれど面白い。ただ、イラストが自分のイメージと合わないのが残念。絵が無ければ、素敵な物語だと思うんだけれど。著者の村上春樹さんのイメージを絵にすると、こういう雰囲気なのかしら?とちょっと、びっくり。(挿絵の無い活字だけの読書って、勝手に自分でイメージを膨らませる楽しみも含まれているのかなぁ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

スターウォーズ

スターウォーズ エピソードIIをテレビで鑑賞中。普段は寝ている時間の子供たちも一緒に起きているけど、恋愛シーンが増えてきて、むむむむ。この後、どうなってしまうのかしら。(あらずじは知っているんだけど)

はじめの3作は、大好きだった。 その後、エピソード I が出た頃には映画に縁遠くなっていたけど、やっぱり、いいなぁ。ヨーダもオビワンも若い! 結末を先に公開して、後からI,、II,IIIって、不思議な順番だけど。  SFが大好きなときにエピソード 4,5,6を観れて、 ラッキーだったかも。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

bon merci!

パソコンを占領されて、ラジオを聴きながら読書。マドンナのマテリアルガールが流れていて懐かしい。わざわざモブログで更新しなくてもいいんだろうけど、なにか書くのが習慣になってきたのか、落ち着かない。

もうすぐ夏休みというタイミングを見計らったようにベネッセから親子料理の付録付き雑誌のDMが来た。子供向け教材のと同様に妙に説得力のある漫画タイプのチラシつき。うーん、ちょっと魅力的、でも宣伝の仕方がきらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

お中元

これまで、実家の両親にしか贈っていなかったけれど、結婚した兄弟にも贈ろうかと検討中。 結婚した年からずっとしていなかったのに、途中から贈り出したら不審に思われるかしら? 自分の兄弟とはメールでやりとりしたりするけれど、夫の兄弟達とは連絡をとる機会が少なすぎる。

夫の両親は他界しているので、兄弟間くらいは連絡をとりあったほうが、と思うのだけれど。遠距離に生活しているうえに、相手夫婦に子供がいない、固定電話が無い、携帯に掛けても残業中は出れない、配偶者の携帯番号までは聞いていない……。 「○○君たち、元気かな?電話してみたら?」って聞いてみても、「便りが無いのは元気な証拠だ!」って、夫に一蹴されてしまった。実際に電話しても、「元気か?」「元気だ」で終わりかもしれないけど、たまには電話しないと年賀状だけのお付き合いになってしまうって、さみしいようなきがするのよね。

妻の私が連絡するものなのかしら? でも、私も電話はチョット苦手。 連絡手段が年に2回の贈答って、ちょっと おかしいかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.05

人生の終わりに

気になるとか、考えさせられるとか、そういう気持ちよりも、もっともっと心が揺さぶられたニュース。 

マスト折れヨット漂流 宮城 米国籍の畑下さんか
船体に書かれた「MIYA」という船名から、六月に神奈川県三浦市から米国に向けて単独航行に出た米国籍の畑下栄さん(81)のヨットの可能性があるという。
 畑下さんは昭和四十五年ごろ、妻と渡米し米国籍を取得。七年前に交通事故で亡くなった妻が生前、「日本に帰りたい」と話していたことから、遺骨を故郷の長野県に葬るため、自宅を売ってヨットを購入。妻の旧姓「宮坂」から「MIYA」と名付け、太平洋を単独横断して昨年十二月に来日した。
 来日の際も、伊豆諸島・御蔵島沖で漁船と衝突して右腕に重傷を負い、下田海保に救助。ヨットもマストが折れたが、搬送された伊豆・神津島の住民らを中心に支援の輪が広がり、入院治療やヨットの整備を受けた。
 今年四月に納骨を済ませ、六月十五日に修理したヨットで帰国の航海に出た。多くの支援者らが心配して引き留めたが、畑下さんは「日本を捨てた人間だから、このまま日本に滞在できない」と反対を押し切った。つえなしでは歩けないほど足腰が弱っていたが、マグロ漁船のベテラン船員だった畑下さんは、愛艇を置いて空路で帰るのを嫌がったという。
 見送った支援者の一人は「きっと海に帰りたかったのだと思う。なかば死を覚悟した出港だった。やれるだけのことをやったが止められなかった」と語った。
(産経新聞) - 7月5日15時16分更新

ネットで検索したところ、昨年に日本に到着したことの記事もあった。(ヨットニュースの三番目の項目) 写真の表情を見て、「無事でいてほしい」と思うと同時に、「彼はどうしたかったのだろう」とも思う。 



80才で太平洋単独横断

戦後約20年間マグロ漁船に乗り、漁労長になった。捕鯨船に乗ろうと46歳で渡米したが、反捕鯨運動が高まり禁漁に。カリフォルニア州で庭師を経て水道も電気も通っていない土地を買い、農園にして庭木の苗を育てた。今年引退を決め、家と土地を売って新船のヨットを買った。
7年前、交通事故で亡くなった妻静子さんの位牌が入った小さな仏壇が船室にある。「死んだらお父さんのそばで眠りたい」という妻の願いをかなえようと、習いたてのヨットを操り、日本を目指した。
ヨットの名前「MIYA」は静子さんの旧姓「宮坂」からとった。「もっと豊で文化的な生活が出来ると期待していたはず。苦労をかけた」
朝日新聞 ”ひと” より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.04

晴れた夜を待って

星座早見。大きいのは、かんたの学校の教材。小さいのは、ネット情報から自作。200507041518000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

7月へワープ

ゆうべは、Google Earth betaをインストール。「3D表示可能な地図ソフト」って、ピンと来なかったけど、ダウンロードしてみたら面白い! 日本の地方などは、詳細な画像が出てこないけれど、いろいろな国の上を飛んで回れるので、地球を飛び回って鳥になったみたいだった。

 その後、子供部屋に扇風機を出して、風量とタイマーを調整してマイナスイオンの風をうけていたら……、あっという間に眠ってしまった。 夫に「朝までここで寝るのか?」と聞かれて、目が覚めたときは、もう真夜中。夢の中でも飛んでいたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »