« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.29

ブリタのおかげ

暑い日が続いて、水分補給は必須。毎朝、夫と子供の3本の水筒に麦茶をたっぷり入れて持たせる。大きめの麦茶用やかんでは1日2回お茶をわかすけれど……、間に合わない。小さいやかんでも煮出してみたり、ときどきは買い置きしてあるペットボトルの麦茶を出したりの自転車操業。

でも、今週からはブリタでろ過した水も飲むことにした! 何年か前から使っていたけど、料理や水割りで大人が使うものって思っていた。でも、トリハロメタンまで除去できるっていうんだから、飲んじゃえ! Amazonで各種ブリタを見比べて「リクエリ」に買い換えた。少容量タイプにしたので、子供たちも自分で冷蔵庫から出せるし、なかなか便利。水筒は、やっぱり麦茶をいれるけれど、家で飲むのはお茶と水と好きなほうをチョイスするようにした。息子たちなりも、気分で選べて楽しそう、水の味もおいしい。 

1日2回の利用で2ヶ月フィルターが持つらしいけど、今日かぞえてみたら、1日に6回使っていた。ケチらずに3週間後に、フィルターを換えよう! 本の広告を表示していた ブログ左下スペースをBrita特集にしてみた。買うのを忘れないようにしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

読書記録6 いつでも雑読

408720085X「わからない」という方法
橋本 治
集英社 2001-04

by G-Tools
購入した本は、ゆーっくり読む主義なので、まだ半分も読んでいない。けれど、期待通り楽しめそう。
4265052525ぼくをいじめるとねえちゃんくるぞ
伊藤 英治
岩崎書店 2004-01

by G-Tools
詩集って、ときどき読みたくなる。特に、子供向けって、たまらなく面白い。


477450503Xどうすればほめてもらえるの?
まつい なつき
現代書林 2003-09

by G-Tools

なんとも書名がいただけない感じだけれど、いろいろな生き方を分析していて面白い。分析の基本は、ロウドウ・シゴト・ジコジツゲン・ジリツの4つのバランス。一見、感覚的に見えて、かなりロジカルに分析されている。 家庭でも社会でも楽しい歯車として暮していきたいし、個人の時間もほしいけど、そのバランスって?? 読むのは面白いけど、自分の時間チャートを真剣に作るのが怖くなって、図書館に返却してしまった。(軟弱~)

4041800072白河夜船
吉本 ばなな

by G-Tools
大きい画像でなくて、小さい画像でこっそり感想を書きたくなる本。夜をテーマにした三部作、どれも似ているようでいて、それぞれが違った読み方ができる。短編集って、そのときどきの気持ちで好き嫌いがハッキリするけれど、よかった。
487290074X片づけられない女たち
サリ ソルデン Sari Solden ニキ リンコ

by G-Tools
知人との会話に出て来て……、読み直してみようかな?と思った。出版されたころに読んだときは、とても共感して、ちょっと怖かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

かんた:中耳炎

かんたが片耳 痛い&聞こえが悪いというので、朝一番で耳鼻科へ。鼻水もなかったし、熱も無いし、いったい何ごと?とびっくりしたけれど、結局は急性中耳炎という診断だった。なんとなく病名がつくと、ホッとする。(昨夜も耳のことを何か言っていたけど、家族でプールに行ったので、水が入っているのかと軽く考えてた) 

切開にはいたらなかったものの、鼓膜は半自壊という状態だそうで、「いつ破れるかわかりません。破れたら、また来て」といわれたので、学校を休ませてゴロゴロ。通学許可は出ていたけれど、本人が「学校に行ったら、絶対静かに出来ない」って断言するんだもの。 でも、気温がうなぎのぼりだったので、休ませてよかった。30分の下校中に炎症が悪化したにちがいない。校門に車で迎えに行くくらいなら、休ませたいと思ってしまう。

幼児の頃は、よく中耳炎や副鼻腔炎になって、鼻水が出たら小児科より耳鼻科というのが、うちの息子達の定番だった。この1年以上ご無沙汰していたけど、やはり耳鼻科系は弱い体質なのかも。内服薬も一日分飲み終わったので、だいぶ落ち着いているといいけど……耳の中は素人には見えないから困ってしまう。 夜中に、発熱したり自壊したりしないのかと、ちょっと夜更かしして見守り中。 

そうそうに6月の健康管理ノートなんて記事をアップしていたのに、病院通いをすることに・・・・・・。 来月からは、ちゃんと月末に記録をつけよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.25

交渉力テストなどなど

ブログめぐりをしていて、見つけた交渉力テスト。「まあまあ」の結果に気をよくして、テストサイトを検索してみた。

交渉力テスト
難しい。内容的にもなじみがない所があるけど、類推してみた。

 文研 国語力テスト
テスト項目が毎月変わるようなので、また来月行ってみたい。多数派テストの結果にどきどきしたけれど、ほとんどの項目で多数派だった。

 語彙数推定テスト
単純だけど楽しい。わからなかった単語を辞書引きしたくなる。

 校正力テスト

うわぁ。難しい。今夜は、見るだけにしました。時間と気力があるときにプリントアウトしてやってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

もしや冷房病?

うーん、ぼけてる。本文無しでアップしてしまった。あわてて修正。

この数日、なんだか気力・体力がおとろえていて、元気が出ない。職場でクーラーの風のあたる席になったからかなぁ? クールビズもなにも、もともとカジュアルな服装の職場なのに、なぜか冷房がキツイ。来週からは、上着を持っていこうかな。

とりあえず、今夜は焼肉とビールで栄養をつけた。もちろん、野菜もたっぷり。とくに、今年最後かもしれない空豆のいただきものを、さやごと焼いたものがおいしかった。 それにしても、子供たちの食べること……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

子供の振り見て

授業参観に行ってきた。
子供たちの登校時に、「ねぇ。もしかして、本当に見に行かなくていいのなら、朝から図書館巡りに行こうと思うんだけど……」と言ったら、「えっ! ちょっとだけ来てよ!」という反応だった。ふーん、ちょっとは見に来てほしんだ。子供の気持ちって、よくわからない。まぁ、これからは都合がつかない時もあるだろうし、行けるときには行っておこうと出かけた。

結論。行ってしまえば、結構、楽しい。(単純なわたし)
2年生の教室では、コの字型に机を配置して勉強していた。げんたは、相変わらず「借りてきた猫」状態で、私語もせず、手も挙げず、固まっていた。成績表に「ユーモアがあり、周囲を和ませる」って、いかにも騒いでそうなコメントが書かれているし、個人面談などでもそう聞くんだけど、1年のときから、授業参観日になると固まっている。緊張するのかな? 彼が参観日が嫌いというのは、良く分かる。先生に聞いたら、「あー、げんたくんが静かなのは授業参観のときだけですから、安心してください」と言われた。

4年生は、理科室で理科専任の先生から授業。かんたは、つねに授業中しゃべっているほうだけど、今日は女子に囲まれた席で退屈そうにしていた。ふと、母に気がついて顔をしかめた?と思ったら、どうもウインクをしてくれたらしい。(低学年の頃、手を振っていたことを思うと、成長したのね。) 先生が星座の説明のなかで、七夕伝説の話をしていた。「~~というわけで、離れ離れにされた、織姫と牽牛の気持ち、君たちも好きな人とはなれることを考えるとわかるよね。」と問いかけた途端、クラス中から「別に好きな人なんかいないしい!」「だれが、女を好きになるんぞ~。きもい」「先生、エッチぃー!」と、すごいブーイング。へぇ~!!! なんだか、お年頃なのね。ちょっとビックリ。 

げんたの緊張する様子。母の視線に気がついても決して振り返らない様子。かんたの、母にあれこれしゃべりたいけど我慢してそわそわする様子、どちらも面白い。どっちの子を見ていても、自分にもこういう面があるんだろうなぁと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.22

参観日のゆううつ

明日は、小学校の授業参観日。仕事の休みもとれて準備万端なんだけど、なんだか小学校に行きたくない。毎回違う教科の授業を見れるように配慮してくれたり、今回なんて午前中いつでも参観し放題という、スペシャルな企画を組んでくれたりと、学校側に不満があるわけだはないんだけれど。長男の入学から4年、そろそろ毎月のようにある参観日にあきてしまった……というのが正直なところ。ちょっとだけ顔出して帰っちゃおうかな。

自分が子供のころは年に一度のイベントで、着物やスーツでおしゃれした親が集っていたようなイメージなのに。どうして、いまは毎月、参観日があるの? この地方だけなのかしら? ラフな格好で出かけられるのはいいけれど、親も緊張感無いので教室の隅で雑談はじめたりして, あらら……な状態になったりする。

去年は次男が1年生だったので、まだ新鮮だった。でも今年は息子たちも、「別に見に来なくていいよぉ。特に図工の時間は絶対来ないで(げんた)」とか、「いやぁ、僕はいいから。かわいい弟の方を見てやって(かんた)」とか言っている。そう!やる気が出ない一番の原因は「見に来てね!」っていう子供の熱意がないからなのかも。

ふうー、これも成長の証かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

カード情報流出ぞくぞく

リンク: カード情報流出、国内被害560万円・・・
(どのニュースをリンクしようか迷うくらい続報が出てますね)


「米国で4000万枚以上のMasterCardのカード情報が流出」って、なんだか想像できない量だなぁと思っていたら、日本人の分も含まれていて、被害が判明している分もあるとか…。怖いなぁ。我が家では、クレジットカードを持っているのは私ひとり。マスターではないけれど、他の会社が安全とはいえない気がする。

お店での利用ならサインなどが不正使用の証拠になるだろうけど、最近はネット系の支払いに使うことばかり。カード番号と有効期限だけで支払い出来ちゃうわけだけど、不正使用された場合には、どうやって立証するのかな? 何があってもカードを作ろうとしない夫は、「それみたことか」と、したり顔。

ついつい昨夜出来なかった分まで、ネットであれこれ読んでしまう。夫もPC使い出すのを機会に、自分のネットやPCの時間を減らそうと思うんだけれど。MediaPlayerで音楽をかける→ついでに天気予報をチェック→ついでにネットニュースを検索→関連する記事を読み歩く、っていうのがパターンだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の健康管理ノート

1年間、月半ばと月末にアップしていた健康管理ノート。6月前半分をすっかりわすれてました。子供たちの病気も少なくなったし、これからは思い出したときに書いていこうと思います。というわけで、まだ6月は終わっていないけど、今月分を書いちゃいます。

げんた:良好。
    また、ひじ・ひざの内側が炎症。(ちょっと放置。)
    真夏になれば、おさまるはず。

かんた:良好。おしりが、あせも。
    小学校に入ってから毎年なって、夏休みには治る。
    授業中によほど汗をかくのね。
    奥歯の乳歯がはじめて抜けた。

父:良好。
  気管支炎のあと、しばらく飲んでいなかった黒酢ドリンク再開。

母:良好。先月の献血での血液検査結果もGOOD。
  でも、ちょっとコレステロールが高めかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.20

まさかのPC ジャック

今夜は、夫が一人でパソコンを使っている。いつもなら私が操作担当なんだけれど、「今日は、自分でやってみるから」と、かれこれ一時間。横で見てるとアドバイスしたくなるので、携帯と本をもって、別の部屋にひっこんでみた。うーん、こんな日がくるとは…うれしい。

家族でパソコンするのは自分だけなので、今のPC買うときには、バイト代をつぎこんだ。でも、この調子でいけば、次の買い替えは共同出資OKかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

心臓マッサージ


遅い朝ごはんを食べながら、先週の小学校からのプリントを読み直す。

「プール使用の決まり」
●水泳前
 1.つめを切り、耳のそうじをしておく
2.トイレに行っておく
   ・
    ・
6.全身をシャワーで洗い、心臓マッサージを20回ぐらい行う。

えっ、心臓マッサージ?? 人工呼吸と一緒に習うあれ? まさか……
夫もげんたも分からないらしいので、先週からプールの始まっているかんたに聞いてみた。「あー、あれはね、心臓を口から出してもむんだよ。」おいおい、弟がビビッてるから、ふざけないでね。

デマをさんざん聞いた後にわかったのは、「シャワーを浴びながら、左胸に手を当てて自分でモミモミとマッサージする」というものらしい。ふうん、効果あるのかな。

--------------------------------------
それにしても、今朝はココログが「混み合っています」とか、エラーになったりで、まったく更新できなかった。障害かと思ったけれど、夕方になっても、障害報告がないから通常の範囲内なのね。ブログが人気になればなるほど、重くなるのかしら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

読書記録5

4594048900読むサプリ―大人のための役立つ読書ガイド
斎藤 孝
産経新聞ニュースサービス 2005-03

斎藤孝さんの本は、どれも読みやすい。けれど、「教育されてる」っていう感じがすることも多い。この読書ガイドは、夕刊フジに連載された記事が基本ということで、雑学っぽく気軽に楽しめた。読んだことある本も、題名も知らなかった本も、いろいろ紹介されている。ただ、どうしても斎藤流がにじんでいる部分もある、根っからの教育者なのかも。


黒ねこのおきゃくさま
ルース エインズワース Ruth Ainsworth 荒 このみ
483401584X

最近、すっかり子供に読み聞かせをする日が少なくなってきた。久しぶりに読んだ絵本。黙読したことはあったけれど、音読すると違った良さがあるなぁと、改めて感じた一冊。


親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方
トマス ゴードン Thomas Gordon 近藤 千恵
4479011137

わが町でも、定期的に親業訓練講座が開かれているらしい。何年も前から聞いたことがあったけれど、「親業」という言葉自体に抵抗があった。親として力いっぱい務めようという雰囲気の言葉に感じていたから。でも、読んでみたら目からウロコ。訳語のイメージで嫌っていたなんて、もったいなかったな。


4471102184おもしろトランプゲーム
正木 ノリオ
高橋書店 1998-11

キャンプのテントの中で、ポーカーを教えたら、かんたもげんたも興味津々。「ロイヤルストレートフラッシュ」とかっていう役の名前がかっこいいらしい。親もうろ覚えなので、今後のためにも説明本を購入。

ライオンボーイ 消えた両親の謎
ジズー・コーダー 枝廣 淳子
4569632874

ずっと読みたいと思っていたのに、借りてきたら手が伸びない。なぜ? 母娘合作の説明を読んだせいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

電気設備調査

ヘルメットがぶった熟年担当者が、「外部メータでの漏電調査は終だわりましたので、中のブレーカを見せてください」って、突然やってきた。「今、パソコンとか使っているので止めますね」って言ったのに、「見るだけだから、大丈夫です」って急ぎの様子。ガバッとブレーカーボックスのカバーを外して目視点検。

(へー、こうやって開けるんだ。それにしても、ほこりだらけ。)と一緒に眺めていると、「はい、大丈夫ですね」って、カバーをはめる。いや、はめようとしてはまらない。 ブレーカーは天井近くにあるのに、身長が足りていないかも。(脚立を出したら、失礼かしら??) どうしょうかと思っているうちに、担当者は力任せ作戦に変更、ガチャガチャと音を立てる勢いでカバーを閉めはじめて……。繰り返しカバーをいじっているうちに、ブレーカのいくつかがガチャッって落ちてしまった。え~~。

何か説明があるのかな?と、思っていたけれど、担当者は、そ知らぬ顔で、ブレーカーをオンにしてパンフレットを置いて帰宅。うーん、びっくりした。とりあえず、電気製品は何も壊れていないみたいだけど。ちょっと釈然としないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.15

サハラ:無料招待券

「007のジェームズ・ボンド、インディ・ジョーンズにならぶ伝説の ヒーローの誕生をその目で確かめよう!」という映画サハラのHPをチェック。うーん、インディ・ジョーンズは大好きだけど、ジェームズ・ボンドは生理的に苦手という場合は、どうなるのかしら?? 

WEBで見た限りは、面白そうなので、無料招待券に応募。下のバナーリンクからは一般のプレゼントフォームにジャンプします。 が、ブログにリンクを張ると、もれなくペア招待券がもらえるそうです。キャンペーンの紹介URLは、http://www.sahara-movie.jp/cp/ (6月17日締め切り)。

招待券が届いたら、誰と行こうかな? 

bannar_blog

ベストセラー・ダーク・ピットシリーズの「死のサハラを脱出せよ」の映画化らしい。クライブ カッスラーって、一作も読んだこと無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

いつも何度でも

寝る前に、かんたが、「聞いてっ!」と歌いだした。「千と千尋の神隠し」の主題歌。小学校での、今月の歌になっているそう。歌詞のプリントを見ながら、2番の最後まで歌えていた。

いやいや、高い声で歌おうとしている気持ちはわかるんだけれど、見事なまでに音程がバラバラ。これまでに比べると音符の長さの違いは理解できたらしいので、前進しているんだけど、上手とはちょっと言えない……。思わず「よく歌えたねぇ」と、コメント。私も夫も音痴なのでしょうがないのかな。

こんなとき、情操教育でピアノとか習わせたらよかったのかしら、と思う。(一度薦めてみたけど、本人達が嫌がったのであきらめてしまった) 楽器を習ったら音痴って直るのかしら?? もし、そうなら私が習ってみたいなぁ。 他人の歌がはずれているのはわかっても、自分が歌うと、なんだかわからなくなるので恥ずかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

鼻毛カッター

ゆうべ、Amazonからの荷物が到着した。 普段は、物欲の薄い夫が父の日のプレゼントに欲しいというので、夜中に勢いで注文した商品。わたしの父じゃぁないけれど、細かいことは言わないでおきました。(息子達は、父の日・母の日ってなんだかわからないようだし。) 外箱をみて興味津々の息子達が見守る中、夫がさっそく使ってみる。

ウイーン、ジジジジジジジジ…

すごい切れ味!! 

HITACHI 鼻毛カッター BM-03 S
B0000C92GQ

おすすめ平均 star
star有ると便利
star以外に便利です。
star2005年上半期のベストバイ?
star早く買えば良かった
star絶品ですっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

堤防釣り・ちびちび軍団

小雨の中、釣れるのは10センチ未満のちび魚ばかり。アジをねらっているのに、メバルやハゼばかり。写真のなんて5センチくらい。リリースして帰りたいけど、子供たちは唐揚げにしてって大騒ぎ。nec_0007.jpg

<家から追加>
モブログでアップした後、イワシがいくつか釣れて、ご機嫌で帰ってきました。でも、写真にとったのはカサゴの小さいのではなくて、ハオコゼっていう毒の強い魚のよう。背びれやむなびれに触ると一日痛むとか…。食べられないことも無いらしいけど、どう調理しようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

負けた……

実家の父に携帯でメールを送ってみた。子供の写真と、「元気?」という簡単なもの。明日にでも、返事が来るかしら?と、思っていたら、なんと30分ほどで返事が来た。しかも近況報告がびっしり書かれた長文。漢字がいっぱいで誤字脱字もないときては、脱帽。携帯を買ったのは同じ時期なのに……。定年後の楽しみに、日々、活用しているんだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.09

携帯と日本語感

この頃、自分の言葉が不安定な気がする。

思い当たることといえば携帯メール。あれを使っていると独特の語感がクセになる。たとえば、これまでPCメールで丁寧語でメール交換していた友人とでも、携帯メールでは言葉遣いが、どんどんラフになっていく。家族間無料の夫と連絡にいたっては、お互いに入力が面倒で「図書館行く。返す?」「ん、なんか借りて」なんて、異常に短くなってしまって、ほとんどが一行メール。とにかく文字数を少なくする作戦、安易だなぁ。

何年も携帯を使いこなしている知人は、携帯では顔文字入りの気軽な文章、PCメールでは季節の挨拶からはじまる丁寧な文章と、見事に書き分けている。うーん。慣れれば、当然使い分けられるようになるのかしら? 

そういえばブログを書き出したときも、自分の文体がすごく気になった時期があった。ですます調で書きたい日と、だ・である調で書きたい日があるんだけれど、統一しようかしら、とか……。 だんだん適当になって、今はその日の気分や書きたいテーマにあわせたり、もう文体が混ざっても気にしないで登録しちゃっている。昨日の記事なんか、そういう意味ではボロボロだなぁ。いいのか、悪いのか、わからないけれど、もういろいろなメディアがあるのが当たり前なんだから、せっせと慣れていきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

カレンダーの暗号

夫婦で平日休みがあえば、こっそりランチに行くことにしています。子供にばれたら大騒ぎなので、内緒。でも、自分達も忘れてしまいそうなので、リビングのカレンダーに一言書いておきます。昼外出、ランチなどと書いたら、かんたに読まれてしまうので。DATE,lunchなど英単語も使って・・・、ちょっと秘密作戦っぽくしています。今回は、食べに行く料理の種類ということで「Bali」と書いておきました。おいしかった。そして、ガムランが流れていて異国情緒たっぷりで、満足。

DATE子供と一緒ではいけない店に行きたいというのもあるけれど、それなら主婦ランチでも済むこと。夫とランチに行く理由は、落ち着いて会話をする時間かなぁ。家で二人で過ごしても、ついつい話もせずに時間が過ぎてしまいがちだし、食事以外の外出では図書館や本屋で別行動だったり、ドライブに行ってだまーって缶コーヒー飲んだり景色を眺めていたりで終わっちゃうので。ときどきは、ささいなことでも面と向かって話し合いたいなぁと思う。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.07

読書記録4 

読書記録を書いてみたら、あれれ、この1週間はストーリーものを読んでいない。こどもの絵本や物語なら読んだけど。自分用に読んだものは、ここにリストしたもの以外のものも実用書やエッセイばかり。

4901391607子どもの言いぶんおとなの聞きかた―子ども・くらしインタビュー
平井 雷太
ウェイツ 2005-03

by G-Tools
表紙の女の子の表情にひかれて借りました。朝の起き方とか、食事とか、ふつうのことをインタビューしているだけのようでいて、案外 家庭の雰囲気が伝わってくるように感じる。自分の子供の生活を振り返りつつ読みました。うちの子たちが、第三者からインタビューされたら、なんて答えるのかな。ちょっと気になるのは、編集者やインタビュアーは、独自の方針を持った塾の経営者(指導者)で、その塾の生徒をインタビューしていること。


479421118X男の子って、どうしてこうなの?―まっとうに育つ九つのポイント
スティーヴ・ビダルフ
草思社 2002-02

by G-Tools

「男の子だから・・・」という育て方はしてこなかったけれど、なんだか、4年生になって男女の違いを感じている。かんたのクラスでは、男子は女子におされ気味らしいし、友人の息子は女子からのいじめでトラぶっている。去年も読んだけれど、この本の題名が目に付いて、図書館で一気に読み返した。オーストラリアの実用書。なるほどーという部分と、「え?」という部分と半々くらい。でも、6歳から12歳の男の子には、父親やそれに似た位置づけの男性が必要で重要と書いてあって、うなずける。


4092700032エジソン―電気の時代を開いた天才発明家
小林 たつよし
小学館 1996-04

by G-Tools

まんがで勉強って、邪道っぽいなぁと思っていたけど、夫が子供のころ大好きだったそう。確かに借りてくると、いつのまにか子どもが読んでいます。漢字のなりたちシリーズも気に入っていたようですが、この「エジソン」は兄弟で取り合うほど熱心に読み返していましたす。つい、わたしも読みました。


484021834X愛はめんどくさい
まつい なつき

by G-Tools

「うむうむ」とうなりながら読みました。結婚・出産と実家・姑.夫との人間関係が赤裸々につづられている。自分の心の動きを振り返って、冷静に分析していくあたりはドキュメンタリーのようだけど、世間話につきあっているような軽い文章であっという間に読めてしまった。「ねじまき小学生」を読んだときも、自分のうやむやとした気持ちをすっきりと書いてもらったような気がしたのを思い出した。この本の出版後に離婚して、長男が小学生になったという順番なのね。

490178207Xねじまき小学生―ウチの子どもが小学生になっちゃった!!
まつい なつき

by G-Tools

子供との生活や、学校・親同士の付き合いにつてい、うなずくことばかり。でも、著者のように割り切れたら気持ちいいだろうなぁと思いつつ、わりきれない自分も感じる。

0747581088Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

by G-Tools

読み切れるか心配なのですが、予約しました。7/16が楽しみ。前回は、発売日には自宅に届くように送ってくれました。5巻はUS版だったので、今回はUK版にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

毒がないヘビイチゴ

週末のキャンプで子供に聞かれた、「ヘビイチゴ」のことをgoogleで検索したら、毒が無いということが判明。ただ、おいしくないっていうだけらしい。最近、息子たちも「毒がある」って聞いてきたし、母も子供のころ毒があるって教わったけれど、俗説だったみたい。

息子達と一緒に検索してみた。「へびいちご」とひらがなで検索するのと、カタカナで検索するのとで、結果が全然違う。「植物の名前は、カタカナで引いたほうがいいだね」と言いながら、あちこちのサイトをチェック。ほとんどが有毒説を否定している。

げんたが、「なーんだぁ」って妙に喜んでいるので追求したら、こっそり一粒食べてみたらしい。(食べるなって言ったのに) 実際、ちっともおいしくなかったって。案外、言い伝えもあてにならないなぁ。ちょっとしたことをネットで検索してみると、意外な発見があっておもしろい。でも、昔から言われていることには何かありそうで、とりあえず守って欲しいなとも思う。

今回のキャンプは、大人も子供と一緒に山を歩き回ってみた。昼間はバトミントンしたり、動物採取やたきぎ拾い、夜は蛍をみたり(ラッキーにも100匹以上の乱舞に遭遇)、星を眺めたり。楽しかったけど、ゆうべは九時に眠くなった。いやはや、もう、子供より体力無いのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

さわがに?

げんたは、生物採取。かんたは、アスレチックと火起こしに熱中。ヘビイチゴを食べたら、毒でどうなるのかを調べたいらしい。明日ネットで調べるから食べないでね。200506041618000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

ちょっと一息

今日は、へこんでいます。理由?自分が、あまりにもふがいがないので。 帰宅して、有休で休みの夫に、「疲れたぁ」とつぶやいたら、いそいそとビールというか発泡酒を出してくれました。夫は、すでに1本飲み終わっていたらしい。。(^^;  とりあえず乾杯!  仕事のことは、また来週考えよう。週末を楽しく過ごして、リフレッシュ!!(でも、なんだか、いつも この路線で過ごしている気がする)

今週末は、かんたが先週行ったキャンプ場へ、家族でオートキャンプの予定。 ホタル鑑賞ができるかもしれません。今回の準備は、明日になってから、荷造りも買出しも子どもと一緒にすすめるつもり。

【ホタル前線】5月22日 お天気豆知識 - goo 天気によると、「日が沈んだ後の1時間から2時間」がねらい目とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

水田

窓から見えるたんぼに、きのうから水が入った。この団地に引っ越してきたときから、毎年、水が入るころにはワクワクする。鏡みたいにキラキラしているのをみると、夏の始まりだなぁと感じる。これから、田植えがあって、青い水田になって、秋には黄金色になって……楽しみだなぁ。
tanbo


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.01

ちょっと性格分析

田口ランディブログの「越えられないライン」を読んで、PCに向かってうなずいた。正直、「不快」っていう自覚は、あんまりなかったけれど、同じような感覚を感じることってある。自分自身は子供のころから、「淡白」な性格だといわれてきた。ある程度は性格的なもので、大部分は子供のころの家庭環境からきていて、残りは自己規制しているのかなぁ……と思う。

自分にはとうてい出来ないような行動を見たり聞いたりすると、「違和感」とか「不思議な感じ」を抱く。 「不快」とまで自己分析しないのは、偽善者だからかも。違和感の内訳には、理解を超えている・自分には絶対にできない・うらやましい!などなど、微妙に、いろいろな気持ちが混ざっているんだろうな。次に、これは!と思う感覚が襲ってきたら、分析してみたい。

ただ、活字を読んでいる限りは、かなり性格の違う人の文章を読んでいても、違和感を感じない。なぜだろう。映像や会話では、ピンと感じるようなことでも、文字になっていると、「そうかも」って思って読んでしまう。ブログを読み歩いていると、一線を越えるどころか、自分とは3,4本違うラインの向こうで暮らしている人の文章にも出会う。でも、違和感どころか妙に納得したりして……。活字にだまされやすい性格のなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »