« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.31

5月後半の健康管理ノート

げんた:良好。
    筋肉がかっこいいと思っているらしく、鉄棒をがんばってる。

かんた:良好。
    検診で「要注意乳歯」って乳歯の虫歯が一本見つかって治療。
    部分麻酔が夜8時まで抜けなくて、一人夕食をおあずけ。
    家族の夕食を見て、泣いていました…。(笑)

    前歯以降の乳歯が抜けないので、永久歯が成長してないの
    かと思っていたけど、レントゲンを撮ったら、奥歯も1年くらいで
    生え変わりそうだと言われた。

父:セキが止まらず受診したところ気管支炎だったらしい。
  10日間も、気管支拡張剤を各種飲んで、やっと治った。
  かぜだとあなどって、悪化してしまったみたい。
  もう、中年なので、体調不良が続いたら受診した方がいいのね。

母:良好。

今日は、同僚の子(2歳児)と、ちょっとだけ遊んだ。
かわいい、食べちゃいたいくらい……。
もう一回、2歳児を育ててみたいなんて思ってしまった。
いやぁ、大変なのは覚えているんだけど……。
うちの子達は、山猿状態だったし。
でも、0歳児はもういやだけど、2,3歳の子供って、いいなぁ。
なんか、無限の可能性を感じちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

読書記録3

おやすみなさいトムさん
中村 妙子 / Magorian Michelle
評論社 (1997.6)
通常2~3日以内に発送します。

amazonは、表紙画像が無いのでBK1のほうをリンク。amazonはこちら→おやすみなさいトムさん

児童書の棚で何回も見かけていたのに、子供のころ読んだような気がして読んでいなかった。手に取ったら一気に引き込まれて読了。戦争もの・虐待ものとかいった狭い枠には、はいりきらない厚みのあるストーリでした。どうして、これまで読まなかったのか、ちょっと残念。何年か経ったら、再読したいな。


4198608709イングリッシュローズの庭で
ミシェル マゴリアン Michelle Magorian 小山 尚子

同じ作者の、こちらも読み直したくなった。児童書って言っていいのかな?という内容だった気がするけれど。最近、国内外どちらも、そういう児童書が増えている気がする。


476600115Xいつもいいことさがし―小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち
細谷 亮太
暮しの手帖社 2005-03

by G-Tools

小学生はのびのびと遊ばせようということが、書いてあると安心する。著者は、小児ガン治療で有名な医師。ターミナルケアを迎える子どもと家族のことなども書かれていて、そういう部分はスキップしてしまった。


4344401050血と骨〈上〉
梁 石日
幻冬舎 2001-04

by G-Tools

読むのにパワーが必要な本。以前借りたときは10ページでダウン・・・・・、今回はちょっとななめ読みだけど一晩で読めた。(体調いいかも) 題名からして暴力っぽいと感じたけれど(実際流血シーンも多いけど)、この題名は朝鮮の巫女の歌の一節「血は母より受け継ぎ、骨は父より受け継ぐ」という言葉からきているそう。 強烈な家族もの。

映画「月はどっちに出ている」の原作者というイメージだった、ヤン・ソギルさんですが、これからはこの小説を一番に思いだすことになりそう。ビートたけし主演の映画は、見たいような、怖いような。


4418003045うちのごはんが楽しい理由―いつもお酒と一緒です。
栗原 はるみ
TaKaRa酒生活文化研究所 2000-09

by G-Tools

子供たちが嫌いなアスパラガスをおいしくたべるレシピを探して借りてきた。結果はNGだけど、この本はレシピよりもイメージ優先でパラパラめくって楽しい。びわの種酒と赤唐辛子酒をつくってみたくなった。

勝手にレシピをメモ
<赤唐辛子酒>
赤唐辛子(乾燥) 15g 
ホワイトリカー 3/4カップ
へたを落とした唐辛子にリカーをそそぐ。2週間後くらいから、調味料に使える。炒め物、汁麺、焼きそばなどに。(生唐辛子をつかうと、パンチの効いたものになる。)

<びわの種酒>
びわの種 130g
氷砂糖 100g
ホワイトリカー 2カップ
洗ってふき取った種と材料を保存ビンに入れて、1ヶ月過ぎた頃が飲み頃。ビンのキャップをするまえにラップをしておくのが、べたつかせない技らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

おかえり

かんたを迎えにキャンプ場に行った。意気揚々と、食べたメニューを解説してくれた。どうも、10時の消灯のあとも、暗がりでおしゃべりし、朝は5時から起きて遊んでいたらしい。楽しかったけど、疲れたって。そして、帰りの車でバタンキューと爆睡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.28

さんぽ

image.jpg
200505281046000.jpg

**PCから
かんたと別れて、家族3人でキャンプ場を散策。自宅から近いので、家族で何回も来たことがある。でも、あらためて散歩してみると、いいところだなぁと感心しきり。いつもは、子どもだけ野放しで遊ばせておいて、大人は荷物や食材の片づけをしてから、夫婦でビール飲んだり、読書したりだもんな……。それもいいけど、もっと景色をみたり歩きまわったりも、しようねと夫と約束。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプクラブ

役場主催の子供クラブの見送りにきています。大学生ボランティアと子供だけで一泊。四年生からのプログラムなので、げんたは留守番です。

200505281028000.jpg

*PCから
かんたが、ちょっと緊張した面持ちで、集合していました。イベント=とにかく能天気に嬉しい!というタイプだと思っていたけれど、「友達できるかな?」とかちょっと考えていたようです。家族で行くキャンプは、車で泊まったり、カセットコンロ持参したり、かなり手抜き。今回は、テントを立てたり、かまどを作って自炊したりの本格キャンプ、新しい経験をいっぱいしてほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

くたばれっ!!!

金曜日の夜は、なんだか のんびりムード。夫はレンタルビデオ鑑賞。子供たちは、ごろごろと本を読んで、母はPCにソフトのインストール。セキュリティソフトの更新なんだけど、どうも対策ソフト自体がウイルスっぽいと思ったりする。それは、さておき。

うちの夫は、香港映画などのアクションもの(しかも流血があるタイプ)が大好き。今夜のビデオは流血タイプではないものの、「激突!」を思わせる理不尽なアクションもの。気がつくと、夫が「くたばれ!」「そうよ、さっさと殺しちまえばいいのよ!」などと画面に向かって声援?していた。「楽しそうだなぁ」と振り向くと、いつの間にやら夫と一緒に息子達も一緒に映画鑑賞していた……。「いいの?」という視線を夫に送ったら、「悪者、死すべきで、何が悪い!」というような視線が帰ってきた。おいおい・・・、普段は温厚なんだけど、こういうときは熱いんだよなあ。とうとう息子達も、最後まで観てから眠りました。

ブレーキ・ダウン
カート・ラッセル J.T.ウォルシュ キャサリン・クインラン ジョナサン・モストウ
B00006AUW0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

水源の川から

メダカ5尾とオタマジャクシが、金魚の水槽に同居を始めました。体長10センチいじょうの金魚たちに食べられないように、稚魚用の保護水槽を使っています。かんたの、社会科見学のおみやげです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.25

ブログをぶらぶら

今日は、田口ランディブログをガーッと読んだ。とっても読みやすくて面白い。ブログ内を検索して、あれこれ読んで、トラックバックをたどったりして…・・・。この人の小説は「のめりこめる」と感じていたけれど、エッセイはあまり読んでいなかった。今度、チェックしてみよう。

でも、あれれれ、半年くらい前の記事だと、TB元のブログが無くなっているものが多くて残念。ブログが引っ越したのか、辞めちゃったのか、それとも、もともとTBのための一時的なサイトだったのかな? (有名人ブログって、コメント不可でTBのみOKだから) 

ココログの室井佑月blogは、書籍化をにらんだTB募集に変身している。死んだつもりで書くラブレターっていうお題、こちらのTB元も、拾い読みしてみた。(数が多すぎて、読みきれない。) シリアスな文章、ギャグっぽい文章、手紙の対象もほんとうに様々。室井編集長のアドバイスも書かれていて、文章教室のよう。自分が書くとしたら誰に、どんな手紙だろう?? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

甲虫王者のはじまり

かなり遅ればせながら、うちの地方でもムシキングの放送が始まった。げんたが異様な興奮状態で、待っていた。ついつられて、かんたと母も一緒に鑑賞。夕方、家でそろってテレビを見てるなんて、かなり久しぶり。

うーん、始まりの音楽も、ストーリも意外に渋い。ムシが戦いまくるようなアニメを想像していたけど、母を訪ねて三千里のような冒険ものになるのかな? ついつい、ネットであらすじをチェックしてしまった。

甲虫王者ムシキング 森の民の伝説 - テレビ東京によるアニメ版公式ページ他の地域は、第8話まですすんでいるのかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

献血と輸血

久しぶりに400ml献血。これまで待ち時間の長かった献血ルームが、がらがらでした。血液不足が続いているらしいけれど、大丈夫かしら?? (花粉症で服薬している人も多いのかな? それとも…?)

ときどき献血しているけれど、年々問診の項目が増えたり、システムも変わってますね。今回は、受付で身分証明書の提出を求められました。(いずれ、献血手帳をカード化するための確認だそうです。)問診を偽って検査的な献血をしようとする人への対策でしょうか。わが子が輸血を何回も受けた立場なので、日赤の姿勢も理解できますが、なんか、ものものしいですね。

肝炎やHIVだけでなく、最近はヤコブ病など、輸血を受けることのリスクが報道されています。うちの子の場合は、何回【何人分】輸血を受けたかわからないくらいですから、ニュースを聞くたびに考えてしまいます。ヤコブ病なんて治療を受けていたころは聞いたことも無かったのに……、今は知られていないけれど将来的に輸血での感染が確認される病気も出てくるのかなぁ。

それにしても、いつも血が濃いので感心されます。今日もHgbは13以上。血管が細くて成分献血ができないのが残念だなぁ。

(今日は、ちゃんとエディタで書いて保存してから投稿。基本は大事ですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

がっかり

雨の日曜日。ドッチボール大会。moperaやデータリンクのこと、長文を書いて保存ボタンを押したはずが消えてしまった。ショック……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.21

読書記録2 【ついつい読んでしまう漫画】

今週は、最近つい図書館で借りてしまう漫画たち。子供のころは、お小遣いを節約して、買ったり・友達と貸しあったり、古本屋さんで1日単位で借りたり……「どうにか、やりくりして、やっと読めるもの」だったのですが。この頃は、図書館で借りれるんですよね。

漫画をべっ視しているつもりはないんだけれど、図書館で借りるのにまだまだ違和感があります。(公立小学校の図書館にも、コミックが並んでいるところもあるそうなので当然なのかな。) 理想としては、連載の終了しているシリーズをまとめて一気読みしたい。でも、つい現在連載中のものも読み出してしまって、続きを待つイライラに困ってしまいます。

4088737954DEATH NOTE 6 (6)
大場 つぐみ 小畑 健

ときどきスーパーでジャンプを立ち読みしちゃいます。知人からの紹介がきっかけ。
4091266703犬夜叉 40 (40)
高橋 留美子
小学館 2005-05-18

げんたが、図書館で何冊か借りてきたのをきっかけに母のほうが熱心に読んでいます。これも、連載中なんですよね。テレビアニメが放映されてる頃は息子たちも興味が無くて、「妖怪ものかぁ」という印象だったのですが、いくつかのテーマが織り込まれていて面白いです。
4063140369寄生獣 (3)
岩明 均

こちらは、一気に読めて満足。SF系統は、大好きです。ただ、共食いなどのシーンが多いので、子供には隠しておきました。
4592128281赤ちゃんと僕 (18)
羅川 真里茂

今週、1・2巻を借りてきたばかりだけれど、好きになりそう。人間ドラマもの。連載が終わっているから、安心して読みきろう。
4091874320PLUTO (2) ビッグコミックス
浦沢 直樹

連載途中のコミックは、なるべく読むのをやめようと思いつつ…。書店で立ち読み。この著者の表情の描き方って、とっても心惹かれる、それがロボットでも。続きが出るまでの間、MonsterやMASTERキートンを読もうかな。

銀の三角
萩尾 望都
4592883012
余剰本の無料配布でゲット。ついつい読み返してしまいます。SFマガジンに連載していた頃にも読んだような気がするけど自信がない。独特の既視感にのまれちゃったのかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.20

ゆーがっつさんとの関係

やっと携帯のメールに慣れてきた。(でもPC入力のほうが絶対簡単!)
昨夜、友人からのメールを読んで、せっせと入力していたら、かんたがやってきた。「一度聞こうと思っていたんだけど…、ゆーがっつさんて、誰?」「はぁ?だれ?」「ほら、いつも携帯にメールくれる人いるでしょ」「え……あー」

わかった!メール着信音の「You've Got Mail」のことか。

あれは、誰から来てもあの声でお知らせが来るようにしてるの、英語で「メールが来たよ」って意味なのと、説明した。なんだか、納得したような、がっかりしたような感じだった。母の秘密のメル友だと思っていたのね。(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.18

@niftyツールバー

興味本位でツールをインストールしてみた。でも、フリーのブラウザを愛用しているんだけど、IEでしか使えないツールだってことをダウンロードしてから気がついた・・・。まぁ、HD容量に余裕あるし、いいか。

リンク: @niftyツールバー.←こういう機能があるそう。「ココログ」なんていうボタンもついている。便利なのかな? ボタンを押したら、クイック投稿ページが現れたので、とりあえず更新。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

暗くなるまで

団地住まいの我が家は、下校後の遊び相手には困りません。今も小学生を中心に、幼稚園生から、まだ部活の始まらない中学1年生まで、ごっちゃごちゃに遊んでいます。 毎日、文字通り暗くなるまで遊ぶわけですが……、夏に向けて日が長くなってくると親子の会話時間もなくなるくらい遊んでばかり。19時に帰宅して、夕食・おおいそぎの宿題・お風呂を済ますと、すぐに寝る時間になってしまいます。

子供は遊ぶのが仕事だと思って、塾にも行かせず、習い事も週1回のスイミングだけなのですが、かんたも、もう4年生、もうちょっと勉強にしろ、読書にしろ、心落ち着く時間があってもいいのになぁと思ったりします。たまには、18時ごろに呼ぼうかなぁとのぞいてみたけれど、男女混合で色おになんて、昔懐かしい遊びをしています。(ゲームをしてたら、「もうお帰り」って言うのにな)

下校後の早い時間は、カードやゲームやらしているんだけれど、だんだん人数がそろってくるとリレーをしたり、けいどろしたり。「そろそろ帰って欲しいなぁ」と思う親心をさっしてか、、時間が遅くなるほど、「団体で健全な」遊びをしている気がする。きっと子供の作戦なんだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.16

読書記録 【案その1】

読書リストをなくしてから、読書の記録をどうしようかと考え中。とりあえず、毎週5冊くらいをいろいろな形で記録していこうと思う。今週は、テーマに関わらず、今一番印象に残っているものをリストアップ。

恥ずかしい読書
永江 朗
4591083888

ちょっとした時間に、つい本を開いてしまうというような本好きな人だったら、思いっきり共感できそうな本。歯磨き、めがね、カバーに「はなぎれ」、年表、本棚と、本にまつわる小さな話がいっぱい。そして、その中にジャンルも様々な書名がちりばめられている。再読したい本、読んでみたい本をちょこちょこメモしながら楽しんでいます。(他の本の合間にちょこちょこ読書中)

ここがホームシック・レストラン
アン タイラー Anne Tyler 中野 恵津子
4167218534

アン・タイラーは、大好きな作家。でも、少ない著作を一気に読むのがもったいなくて、数ヶ月に1冊くらいのペースで読んでいます。これまで読んだ作品も家族を中心とした人間模様が展開していたけれど、この作品は家族がメインテーマ。母と子、兄弟の、長年の思い・行き違い・恨み・許しなどなどが織り込まれています。「こういうことってあるよなぁ」っていう出来事が丹念に描かれていて、最後まで締めくくりというような結末が無いまま続いていくという、いつものパターン。


トパーズ
村上 龍
4041586038

村上龍、独身の頃大好きだった。先週、室井佑月作品を読んでいて、ふと再読したくなった。感想は、うーん、雰囲気的には思っていた通りだったけど、こういう内容だった??なんか、自分がえらく年をとった気がした。たしか男友達と飲みにいって、トパーズの中の作品について語り合ったりした気がするんだけど……。考えられないぞ。


おれがあいつであいつがおれで
山中 恒
4652021615

今週の息子達への読み聞かせ。映画「転校生」の原作は、6年生男女の入れ替わり。親子で笑っちゃったりして、寝る前には不向きかもしれないけど、とりあえず布団に入るのが早くなりました。


天使と悪魔(下)
ダン ブラウン 越前 敏弥
4047914576

今週のガッカリさん。ダ・ヴィンチコードが面白かったので、シリーズ前作を借りたけれど……、イマイチだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

5月前半の健康管理ノート

げんた:良好。
    5本目と、6本目の乳歯が抜ける。レレレのおじさんのような
    おちゃめな口元になっています。

かんた:良好。ちょっと鼻炎気味。学校の耳鼻科検診待ち。

父:1週間ほどかぜが長引く。熱は無いけれど、セキが続く。
  通院を勧めたけれど、いやなんだって。
  この週末で、完全復活してくれるといいな。

母:良好。少しのどが痛かったけれど、2日ほどで改善。
  夫を静かに休ませてあげようと、子供のベッドで一緒に寝てみた。
  二人とも寝相は良くなっているけれど、かんたは布団を巻きとって
  いくし、げんたは夜中になにかつぶやくので……寝不足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

黄色い!トマト 再挑戦

発芽しなかったので、今回はラップをしてみた。200505131703000.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.12

父親激怒のポイントは?

昨日、書き込んだカード交換のトラブル。「夫に相談したら、夫がすごく怒った」という家庭が多くて、ビックリした。しつけ上、強く叱ったというよりも、激しく怒ったお父さんが結構いて、「カードを返し終わるまで帰ってくるな」と怒鳴られた家も。 お父さんの方が、子供のトラブルにはおおらかかと思っていたけど違うのね。

うちの夫も話を聞いたら怒るのかしら?以前にも同様のケースがあったし、ちょうど留守だった夫には報告していないけれど、夫の視線を意識して昨日の記事を読み直す……。うーん、トラブルの内容が夫には理解できないかも。私の文章がわかりにくいのもあるけど、盗んだわけでもなく微妙にもめているあたりが、聞いただけで腹立たしいのかなぁ? それとも、仕事から帰宅して、ご飯・お風呂・テレビといろいろ考えているところに、いきなり相談されて腹が立ったとか? それとも、小さい子相手に「ずるい」という点が、本格的に許せないのかな?

実は、げんたが幼稚園のときにカモられる側になったことがあった。しくしく泣いていたけど、自己責任だと思って放っておいたけど、冷たかったかしら? 「ボクのときは、お母さん何もしてくれなかったよね」って言われたら、どうしようかとドキドキしたけれど、げんたは忘れているのか、何も言わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

親の出番?!カード交換

「ピンポーン」、昨夜8時過ぎに近所の子が、げんたにムシキングカードを返しにやってきた。近所の子供達が盛んにカード交換をしているけど、「やっぱり交換したくない」ってことかな? でも、彼の持ってきたカードは、げんたが数日前に別の子と交換したものを、さらにその子が交換したという経緯のものらしい。なので、そのカードを受け取っても、こちらからはその子に返すカードがないという変なことになってしまう。「交換したから、もううちのじゃないのよ」って説明したら、近くで待っていたらしい、その子のお母さんが現れた。

「実は…」と話してくれたことによると、あるお母さんが、自分の子供のカードが、古いカードに代わっているのに気がついて、カードを元に戻そうと近所を回り始めているらしい。その噂を聞いて、いろいろな家庭で「自分で購入したカード以外は、元々の持ち主は返しに行く」行動がとられているとか……。うわぁ、キターーーッ(2ch風)って感じ、こういうの苦手だわぁ。

とりあえず、昨夜は遅かったので保留にして、げんたと相談。
どうも、カードを回収しはじめたの家庭の子は、幼稚園児だけどスゴイ ムシキングばかりをファイルにいっぱい持っていたらしい。(強いカードばかりということは、お店で買ったものなのかも。)普通に交換した子の他に、「ちょうだい!」の一言で何枚ももらった子もいるとか・・・。盗まれたわけではないけど、年上の子のカモにされたというところかしら。まぁ親御さんの気持ちも分からないでもない。「あの子は、いつも喜んで交換してた!」とげんたが言うのも、きっと本当なんだろうとは思う。小学生のお兄ちゃんに囲まれてチヤホヤされたら、嬉しいだろうからね。でも、親が出て来ているからには、やっぱり放っておけない。

というわけで、今日は、げんた本人が、返却と自分のカードの回収に家庭訪問。やれやれ、一件落着かしら。けど、微妙にカードが足りなくなったらしい。まぁ、何日もかけて交換していたなら、団地外に出て行ったり、下の子に食べられたり、親に捨てられたりしたカードがあるのかもね。年下の子と交換したことを反省してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

今週の本棚

200505102101000.jpg
ついつい図書館で漫画を借りちゃいます。〔携帯:待ち受け:ファイン〕モブログの画像サイズ確認テスト中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギボウズ

200505101746000.jpg
ベランダから〔携帯:メール大:ファイン〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とらのしっぽ

image.jpg
変わった名前の植物だなぁ。〔携帯:メール小:ファイン〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

生わかめ

生わかめ

さっと、ゆでて、ぽん酢でいただきました。地元でとれたものとのこと。ゆでる前の茶色い状態をはじめて見ました。でも、いつも釣りにいく港にも茂っていたかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

キティちゃん

キティちゃん

かんたが愛用していた茶碗にヒビが入ったので買い替えた。

**PCから追加**
手前が、6年も使ったピンクの茶碗。3歳のころスーパーで「ぼく、絶対これがいい!」と選んだ、かわいい柄のもの。友達が泊まりにきたときなんかは、何気に恥ずかしくないのか親の方が気になったのですが、彼は全然気にしていなかったみたい。残念ながら、ひびが入ってきたのでお別れです。

奥が新しい茶碗。母より大きくて、夫と同じサイズ。大きいお茶碗になったらお代わりしないのかな?と思ったけど、1回お代わりしてました。(うちでは、ごはんのお代わりは各自がよそいます。)

携帯から送ったら画面いっぱいは写真になってしまった…、なんか変なので修正! モブログは便利なようで、よくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

認知症っていうんだ

認知症の高齢姉妹相手にリフォーム工事繰り返し 埼玉

昨日のネットニュースで気になった記事。次々と16社もの会社が床下換気装置をつけるという…… お金を持っていて、カモにできる相手が見つかったら、お互いに連絡しあうネットワークがあるとしか思えない。怖いなぁ。

「認知症」って、どんな症状?と思って検索してみたところ、厚生労働省の指導で最近は痴呆症のことを認知症と言うようになっているらしい。ふむふむ、たしかに痴呆という表現には差別めいた響きがあるかもしれない。以前、家庭菜園用の土地を借りていた地主のおばあちゃんが、まさしく認知症だった。理路整然としゃべれるし、野菜のことなども詳しいけれど、土地を借りている私のことは1年以上覚えてもらえなかった…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.06

Shall We ダンス?

Shall We ダンス? (通常版)
役所広司 周防正行 草刈民代 竹中直人

by G-Tools

今夜は子供を寝かせて、夫と二人で金曜ロードショー鑑賞。う~ん、面白かった。ハリウッド版も見てみようかな。

でも、以前見たことのある映画を見ると、感じどころが違っていることに、自分でもビックリしてしまう。この映画をはじめてみたのは、多分かんたがヨチヨチ歩きのころ。その頃は、「ふーん、中年ってこんな感じかぁ」と他人事だったのに、今や自分事。

「28で結婚して、30で子供が生まれて、40で家を買って…」という主人公(役所広司)のセリフにちょっとドキッとしたりして……。うちは、持ち家は、まだ予定もないけれど、「家を買ったらこんな感じになるのかねぇ」なんて夫と話した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

うーん、GW後半は、運動した!

3日:川原へ家族でBBQ、そして温泉.

子供たちとバトミントンやら、サッカーやら、キャッチボールやら。 BBQグリルの前から動かない、炭火大好き夫の分まで張り切ってみた。 小さい頃から勘のよかったげんただけでなく、ボールは苦手と言っていたかんたも結構上手になっていた。

4日:朝5時おきで、堤防釣りに出発。

見事に坊主。(坊主って、一匹も釣れないこと。息子達はこの言葉に大うけしてた)狙いの豆アジは、まだ成長していないのか、誰も釣れていなかった。ボラやらフグやらヒトデやら、つれなかったけどイワシの大群とか、海の生き物はたくさん見れたし、朝焼けも見れたので、まあいいかな。

近所の子供たちが帰省でほとんどいなくて、夕方またバトミントンに付き合う。球技は苦手だけど、ラケット系のスポーツは楽しい。

5日:自転車4台連ねてサイクリング。

自宅から3キロほど行くと、川原に自転車道があるので、初探検。 たくさんのサギ、ヒバリ、ツバメを見ながら、5キロくらいの道のりを走った。終点の公園で水遊びをして休憩して、お弁当を食べてきた。往復16キロ…、自転車とはいえ疲れた。でも、自転車道の間は、車に気を使わなくていいので楽だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

ToDoList

連休前半があっという間に終わって、今日は普通の日。今年着任した校長先生の方針なのか?この連休の谷間に家庭訪問でした。かんたの先生は、中学の先生から小学校に異動したという若い先生。げんたの先生は、ベテランっぽい先生、お二人とも女性です。新学期早々で顔合わせ以外話すことも無く……玄関先でちゃちゃっと終了。 げんたは、先生の訪問が嬉しいらしく、母の背中に隠れたりしつつも話に参加。かんたは、先生が団地の敷地に入ってきたのが見えた途端に、逃げるように遊びに出かけていって恥ずかしい年頃なのかな?

さて、五月のブログ・HPの予定を考えてみました。
まずは、新年度にあわせたプロフィールの更新。それと、最近書いていない読書記録の残し方をかんがえてみたいと思います。あとは、何かテーマを決めて、定期的に考えてみるのもいいかなぁ。連休で出かけた動物園で、 「まずは5分間、1種類の動物を静かに観察してください」っていう看板があったんです。たった5分?と思いつつも実際にひとつのオリの前で5分間見ているだけでも、歩きながら見るのとは違う感じがしました。(すぐに、やってみる私。のせられやすいのかしら) 毎日の生活って、どんどん流れていってしまうけど、ときどきテーマを決めて意識してみるのも面白いかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »