« かんた:皮膚科 | トップページ | 最近チェックしているblog »

2004.10.13

ビデオでみた自分

新しい仕事の研修が続いています。主に電話応対の仕事なのですが、まずはマナー全般の講習を受けています。その中で、「コミュニケーション・トレーニング」というものがあって、いろいろな説明を受けました。言葉使い・態度・しゃべり方などなど。そして、最後はロールプレイングを行って、その姿をビデオで撮影しました。

ビデオ撮影は、とっても緊張しました。そもそもカメラって苦手で、子供の写真は撮るけど、自分が被写体になることって滅多に無いんです。写真でもそうなのに、ビデオにいたっては、我が家は持っていないんですから、めちゃくちゃ緊張しました。他の人の撮影の様子を見てると、みんな落ち着いてるように見えます。普段から、ビデオを撮るのが当然の家庭だって、あるんでしょうね。

ぎくしゃくしながら撮影が終了。「いったい、どんな風に写っているのか」、ビデオチェックの時間はドキドキでした。(チェックは、個人ごとに見れたのがせめてもの救い。全員で講評したりしたら、再度緊張しちゃうもの。) いやぁ、予想通りというか、予想以上に、落ち着きの無い自分の姿に、とってもショックでした。話で聞いてわかっているつもりでも、実践するのはなかなか難しいです。言葉遣いも、まだまだなのですが、テープを通した自分の声の高さと小ささにガックリしました。例えるなら、中山元内閣参与のような、話し方。

息子達を叱り飛ばすときには、大きな声がさせるんだけどなぁ。ビデオの時は、特に緊張して声が小さかったのかな。でも、高さは、いつも高いんだと思う。二重人格ではないつもりだけど、仲良くなった人からは「第一印象では、おとなしい人だと思った」といわれることが多いんです。きっと、このキンキン声のせいなんですよね。いやだなぁ。低い声が出せるようになりたいです。仕事的には、明るいトーンは重要なポイントで問題ないのですが、日常生活では低いトーンでしゃべりたい……。ちょっと意識してみようかな。


|

« かんた:皮膚科 | トップページ | 最近チェックしているblog »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/1669729

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオでみた自分:

« かんた:皮膚科 | トップページ | 最近チェックしているblog »