« 金ちゃん達、落ち着きました | トップページ | 地方紙の紙面より 「帯状疱疹」 »

2004.10.25

こどもと夜の散歩

土曜日の夜、新潟県中越地震と名づけられた大地震があったとき、我が家は夕ご飯も済んで、子供達が夜のアニメ番組を見るために宿題の仕上げをしていました。19時直前になって、「ドラえもんスペシャル」のために、テレビをつけると、臨時ニュース中。まだ、現地の様子もわからないまま、震度だけが放送されていました。

19時になってドラえもんが始まって、20分ほどしたところで、「番組の途中ですが、臨時ニュースをお伝えします。」のアナウンスとともに、男性キャスターの映像に変わり…、そのままCMをはさんで、ニュースが続行。かんたが「ドラえもんが無くなった!」と、ブーブー怒り出しました。 

新幹線が脱線しているとか、何十万世帯も停電しているとか、道路に亀裂がはいっているとか、大変な状況が実況されているのに、子供には理解できないんですね。同じ日本で、大災害が起きているのに、ずっとドラえもんのことばかり…。子供だからそんなものか、と思いつつも、何十分も「ドラえもんが見たい」と絶叫されると、母は腹が立ってしょうがなくなりました。(父がいたら、そんなに騒がないんだろうけど、父は外出中だったのです) 

「じゃぁ、特別にプリンでも買いに行こうか」と、誘って夜の8時にスーパーへ散歩に出ました。暗い道をあるくうち子供たちも静かになったので、今、停電して真っ暗な中に何十万人もの人が困っていること、物が倒れたり壊れたりしていること、怪我をしたり亡くなった方もいるであろうこと、電車に閉じ込められている人もいること、を話しました。そして、日本中の人が、新潟の人を心配していることも。店につくころには、少しは理解できたようで、静かにお菓子を選んで帰りました。
--------------------------------------------

翌日になって、現地の映像がテレビに映るようになると、子供たちにも大変さがよくわかったようです。
人の痛みのわかる人間になってほしいな、と思いました。

|

« 金ちゃん達、落ち着きました | トップページ | 地方紙の紙面より 「帯状疱疹」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/1769812

この記事へのトラックバック一覧です: こどもと夜の散歩:

« 金ちゃん達、落ち着きました | トップページ | 地方紙の紙面より 「帯状疱疹」 »