« 9月前半の健康管理ノート | トップページ | 世界の中心でねぇ…… »

2004.09.16

朝の読み聞かせ

今朝は、かんたのクラスに朝の読み聞かせに行ってきました。「読みに行くよぉ」と、言ってあったので、密かに待っていたようですが、恥ずかしいのか静かにしていました。友達にも内緒にしていたようで、ボランティアの名札を見て、「もしかして、アレかんたの母ちゃん?」とザワザワ。

でも、読み始めると、詩の朗読も、絵本も、物語も、静かにきいてくれて、いつもながら嬉しい時間でした。子供たちのワクワクした瞳に見つめられると、なんだか胸がキュウとして、こちらも元気が出ます。昨日から緊張していたんだけど、終わったら「よーし、次は何の本にしようかな」なんて思いました。

この1週間ほど、あれこれ悩んだ本選びですが、結局いろいろなタイプの本を三冊選びました。金子みすずの詩集「わたしと小鳥とすずと」からは、忙しい運動会の時期にあわせて「次からつぎへ」。 それから、ちょっとドタバタした絵本「ぎょうざつくったの」。最後に、コロボックルシリーズのあらすじと挿絵を紹介しました。

最近お気に入りのコロボックル絵本を読みたかったけれど、図書館のリクエスト待ちが間に合わなかったの……。ちょっと残念だけど、パンチのある絵本は男の子に好評だったよう。 きれいな絵の静かな絵本、名作や昔話も、大好きだけれど学校での読み聞かせだからこそ、ちょっとラフなものもいいかなぁと、このあたりは各ボランティアの趣味で選ばせてもらえるので、悩みながらも楽しいところです。子供たちが、いろいろなタイプの本に出合えるように、いろいろなお母さんが、いろいろなクラスを担当するようにアレンジされています。

|

« 9月前半の健康管理ノート | トップページ | 世界の中心でねぇ…… »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/1447747

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の読み聞かせ:

« 9月前半の健康管理ノート | トップページ | 世界の中心でねぇ…… »