« 朝顔がきれいに咲きました | トップページ | 夏休みの計画 »

2004.07.12

アズカバンの囚人

今週で小学校の1学期は終わりです。子供達は、夏休みが近いのを感じているように、ウキウキと登校していきました。土曜日の終業式まで、元気に過ごせるといいな。

あおぞらのしたで・・・ の日記・ブログで、ハリポタの映画のことを読んだので、私も感想を書いてみたいと思います。(トラックバックも送ってみました)

公開と同時に観にいった、ハリーポッター。これまでの二作と、監督が代っているとのこと、原作の解釈や演出の違いが楽しめます。 主人公達の役者自体の成長もあるんだろうけど、演出の違いでキャラクターの雰囲気もいろいろかわりますね。 ストーリーを短くしているのは、しょうがないと思いつつ、せっせとチェックしながら観ました。原作を読んでなくても楽しめるらしいですが、原作と比べて観ると、もっとおもしろいです。

わたしも、かずくんママ同様、ルーピン先生が……。一生懸命やつれた演技をしてくれてるけど、肉付きが良すぎるような……好きなキャラクターだけに、ちょっとがっかり。 でも、もっとびっくりしたのは、隣の席でかんたが「ルーピンて男だったのかぁ」とつぶやいていたこと。ディメンター登場の余韻が、薄れちゃいました。映画の後で聞いたら、読み聞かせたストーリーは覚えていたけど、ずっとルーピンは女教師だと思っていたらしい…。「わたし」を一人称で使ってるから? 母の読み方のせい?

今回はヴォルデモートが出てこないせいか、げんたも「面白かった!」とニコニコ。(秘密の部屋は、かなり怖かったらしい) 

今回、映画を見て思ったのは、ハリーポッターの魅力はハリーの活躍や魔法界の出来事での胸躍るファンタジーの部分だけじゃないんだなっていうこと。 今度の五巻ではっきりしてくるところだけど、特撮での派手なアクション以外の、恐怖心やストレスと戦っていく精神的な部分が大人のファンをもひきつけているんだと思う。
「名前を言わないことで、恐怖心が高まる」とダンブルドアが警告しても、ほとんどの人が本名を言わずに「例のあの人」とか「名前を言ってはいけない あの人」と名前を伏せて恐れる姿……、ちょっと考えさせられました。 

|

« 朝顔がきれいに咲きました | トップページ | 夏休みの計画 »

「トラックバック送信」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28635/951352

この記事へのトラックバック一覧です: アズカバンの囚人:

« 朝顔がきれいに咲きました | トップページ | 夏休みの計画 »